逆求人型就活サイト・就職情報サービス  |  JOBRASS新卒(ジョブラス)

企業からオファーを受けとろう!新規登録はこちら

JOBRASSとは

ログイン

ログインID

パスワード

  • facebook
  • twitter
  • yahoo

5分でわかる「就活プロフィール」 経営者・人事担当・先輩のインタビューが読める!JOBRASSインタビュー 就活用語辞典 ジョブラス公式Facebook ジョブラス公式Twitter アイデムカップ フットサル大会 ジョブラスポイント 採用をお考えの企業様

  • Profile
  • 氏名:樋渡 優花

    職種:システムエンジニア

    入社:2016年4月

    部署:事業本部 銀行ソリューションサービス第1グループ

  • 東京農業大学応用生物科学部でバイオサイエンスや生物、科学を学ぶ。
    就職活動中に友人から新卒向けエージェントサービス「Aidem Smart Agent」を紹介される。サポートを通じて、恒和情報技研株式会社に入社。銀行ソリューションサービス部門に所属し、システムエンジニアとして活躍中。

What I do -こんな仕事をしています-IT知識ゼロからのスタート。先輩社員の指導のもと、メガバンクの次期システム開発に取り組む

開発担当者として、メガバンクの次期システム制作に携わっています。私が所属するチームは既存システムの改良に取り組んでおり、お客さま先に常駐して業務を行っています。
銀行系システムは規模の大きなものが多く、開発期間が数年に及ぶこともあります。私が関わっているのもそうした案件で、配属されたときにはすでに開発は終盤に差し掛かっていました。
現在は、システムの品質向上のためのテストやチェックなどを任されています。銀行業務で使用する機械やモニターを用いて、システムが想定した通りに作動するかをチェック。また、設計書を照合し、お客さまのニーズを汲んだシステムになっているかを確認しています。

技術者として社会人のスタートをきった私ですが、入社するまではシステム開発やプログラミングについての知識は皆無でした。入社のきっかけは、就職活動中に友人から「Aidem Smart Agent」を紹介されたことですね。「私も利用したけど良かったよ」と勧められて登録したんです。エージェントの担当者の方から「樋渡さんには、こういった仕事が向いているかもしれませんよ」とプログラマー職を紹介されたんです。興味はありましたが、未知の分野だったのでプロとしてやっていけるか不安でした。
でも、ある共通点に気づいたんです。大学では生物応用化学科を専攻し、レポートや卒業論文を書く際は、理論に則って筋道を考え、結論を導き出していました。プログラミングもそれと同じ。まず要件定義を行い、それに沿って開発を進め、システムの完成を目指します。それなら、私にもできそうだと思いました。

同期入社のメンバーとも仲が良いですね

People and culture -働きやすい職場-尊敬する上司、憧れの先輩社員たちに囲まれ、知識を蓄えスキルを磨く

入社後は2ヵ月間の研修があり、システム開発についての基礎知識を学びました。その後、銀行ソリューションサービス部門に配属され、OJTで仕事を覚えていきました。入社して1年が経ちますが、まだまだ身に付けなければいけないことはたくさんあります。指導役の先輩社員が面倒見良くサポートしてくれるので、とても心強いですね。
恒和情報技研株式会社では、女性の技術者も活躍しています。私が携わるプロジェクトのチームリーダーも女性。知識が豊富で話も上手、コミュニケーション能力に長けていて憧れの存在です。

未熟な私ですが、日々、上司や先輩社員に支えられていると実感しています。ミスをしたときは感情的に怒るのではなく、誤りを冷静に指摘して、今後の改善点をアドバイスしてくれます。報告や連絡の際、私がうまく説明できないときも急かさずにじっくりと言葉を待ってくれます。新入社員をあたたかく見守りながら、成長を促してくれる。そんな環境で仕事に取り組めることを、とてもありがたく感じています。支えてくれる皆さんに恩返しをするためにも、早く一人前になって、プロジェクトに貢献したいですね。

理路整然としたプログラミングの世界が好き

My work -先輩たちの働く姿-初めて見た設計書に衝撃!論理的に構築されたシステムの世界に魅力を感じる

日々の業務は、先輩社員と相談して予定を立て、それに沿って仕事を進めていきます。最初はわからないことだらけでしたが、少しずつ知識を蓄え、理解できることも多くなってきました。
システム開発の要件定義から完了にいたるまで、経緯はすべて設計書の中に書かれています。開発の際、わからないことがあれば、プログラムを遡れば答えが見つかります。すべてにおいて、きちんと筋道が通っている。そんな点にこの仕事の魅力を感じています。

実際に業務に携わり、システムの設計書を見たときは、何が書いてあるのか、まったくわかりませんでした。研修時に提示されたシンプルな設計書と違い、実業務で使用する設計書はボリュームも多く、内容も複雑で、まるで呪文のように思えました。
そんな私でしたが、システムエンジニアとしての日々を過ごすうちに、だんだんと理解できるようになってきましたね。
システムの作動チェックやテストのために、銀行で実際に使用する機械やモニターに触れていると、自分たちの取り組みがどう役立っているかがよくわかります。自分が関わった開発領域が実際にどんな役割を果たしているかを理解できると、達成感も大きいですね。

得意分野のあるシステムエンジニアに

Growth and development -成長を実感したい-「この領域は樋渡に聞け!」と頼りにされるシステムエンジニアに

学生時代はまったく無縁だったシステム開発に携わり、戸惑うこともたくさんありました。でも振り返ってみると、この仕事をする上で出身学部はそれほど関係ないように思えます。
採用面接の際、役員から「この仕事は国語力が必要となる」と言われました。その意味が今になって理解できるようになりました。文理を問わず入社当初は知識が乏しいので、わからないことは多々あります。それまでに蓄えてきた知識よりも、疑問をその都度周囲に確認することのほうが重要。どういった経緯で、その状況に陥り、何を教えてほしいかを筋道立てて説明すれば、上司や先輩社員は親身に答えてくれます。漠然とどこがわからないか伝えられないと、時間ばかりを費やしてしまいますから。

私自身もわからないことをその都度確認して、指導を受け、新しい知識を身に付け…という流れをくりかえしながら成長できたように思います。日を重ねるにつれて理解できる範囲が広がってきたことを実感しています。ミスしてしまうこともありますが、プログラムを見て原因に気付けるようになりました。
まだまだ未熟ですが、これからもシステムエンジニアとして経験を重ね、「この領域なら、樋渡に聞けば大丈夫!」というような専門特化をもった存在になりたいですね。