• 2017.09.0104:00
  • 面接/筆記/ES対策

【例文あり】「真面目さ」をアピールするための自己PRの作り方・注意点

エントリーシートや面接で定番の自己PR。その中でも「真面目さ」をあげる人は多いのではないでしょうか。
しかし、いざ真面目さをアピールするにも、どのように表現すれば迷ってしまいますよね。
そこで今回はそこで、今回は企業が求める「真面目さ」とは何なのか? 
また、うまくアピールするための自己PRの作り方、注意点を解説していきます。真面目さに軸をおいた自己PRを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 企業が求める真面目とは

まずは、真面目の本来の意味を知っておきましょう。
 
【真面目】(大辞林より)
 
1.本気であること。真剣であること。また、そのさま。 「 -な顔になる」 「 -に働く」
2.誠意のこもっていること。誠実であること。また、そのさま。 「 -な人」 「 -な人柄」
 
▼真面目の類語
一途・きまじめ・本気・熱心・ひたむき・誠実 など
 
◎ビジネスシーンで求められる真面目さとは次の通りです。
・依頼されたことを、正確・丁寧に全うする
・社内外の人に対して、いい加減に対応を行わず、真摯に対応する。適当な態度をとらない。
・業務に熱心にコツコツと取り組む
→こうした取り組みは総じて、人からの信頼を得ることにつながります。
  

 真面目さをアピールする時の注意点

真面目さを持つ人は組織にとってなくてはならない存在ですが、いくつか注意点が必要です。
 
◎言われたことだけを行う人間である、という印象を持たせないようにする
「真面目」というと「言われたことをそのまま行う」マニュアル人間の印象をもたれることがあります。
そうしたことを避けるためにも、自分自身で工夫した点などをあわせて伝えられるようにするとよいでしょう。
 
◎自分の考えを伝える(主体性を伝える)
上記につながりますが、真面目な人=受身な人と捉えられることがあります。総合職・営業職へ応募する際は特に、主体性が求められることが多いですので、たとえ頼まれた業務にエピソードだとしても、「自分自身で何を考え」「どのようなことを工夫した・伝えた」など、あなた自身が主体となることをひとつでも伝えられるようにしましょう。
 
◎客観性を持たせる
どの強みでも共通することですが、「自分は真面目だ! 」と伝えるよりは、誰かに言われた経験(客観性)があれば、そのエピソードを伝えるほうがよいでしょう。客観性を持ったエピソードを伝えることで、その強みに説得力が増します。
 

 真面目さを使った自己PRの作り方

 
次に「真面目さ」をアピールする自己PRの作り方、整理方法について順番に説明していきます。
 
1)「真面目さ」と思う理由・きっかけをまとめる
真面目さをアピールするきっかけをまとめていきましょう。エピソード、他人の評価であると客観的な視点になりますので、なお良いです。
 
2)エピソードを5W1Hでまとめる
  いつ(When) :大学2年生のとき
  どこで(Where): インターンシップ先で
  だれが(Who) :-(私が)
  なにを(What): 頼まれた業務を全うし評価された
  なぜ(Why)  :頼まれたことをきちんと果たすために
  どのように(How):他の人が面倒なことや気づきづらそうなところを注意しようと心がけた
 
さらに、真面目さがあることをアピールするために振り返っておくべき点
・真摯に取り組んだ点
・自分なりに工夫した点
があれば、加えて表現するようにしましょう。
 

 自己PRで「真面目さ」をアピールするための例文

 

私は頼まれた業務を、依頼者の意図を先に汲み取って全うすることができます。
大学2年生のときに参加した区役所のインターンシップで、大量のデータを扱ったリストの生成を依頼された際に、
まず「どのような場面で使うのか」「どのような形式で仕上げたほうが使いやすいのか」を最初に聞いて、作業に取り掛かるようにしました。
そうすることで、作業のゴール点やどれくらい時間をかけるべきなのかが把握しやすいと考えたからです。
最初に聞いたことをチームで共有し、作業を終えたところ、担当者の方に仕事が丁寧で、使いやすいと評価いただきました。
社会人として働く際も、言われたことをそのまま行うのではなく、相手がどのようなことを求めているのかを大事にした働き方をしていきたいと考えています。

 
▼あわせてよみたい記事:採用担当者には逆効果!「やってはいけない自己アピールフレーズ」を徹底解説
 

 選考で「真面目さ」をアピールするときのポイント

▼グループディスカッション
グループディスカッションで大事なことは「時間内に“グループで協力”して、一つの答えを出すこと」です。
そのためには、チーム内のメンバーがそれぞれ、自分の役割を全うすることが重要です。司会者であれば、議論がうまく進行されるように、タイムキーパーであれば、決めれた時間を過ぎないように時間をはかり周りのメンバーと共有することなどを心がけて、挑むようにしましょう。
ただし、意見はみんなで出し合うものなので、言われたままにするのではなく、自分の意見も積極的に伝えていくことをおすすめします。
 
▼面接
先ほども触れたように、真面目さをアピールするときには、積極性や主体性も伝わるようにエピソードを伝えていくようにしましょう。
また、真面目=暗い、硬いというイメージを持っている担当者もいますので、挨拶や雰囲気で明るさや元気のよさも伝わるように心がけるとよいでしょう。
 

 エントリーシートで履歴書を書いたら最終チェック!

 
真面目さをアピールした内容は準備できましたか?エントリーシートや履歴書に書き終わったら必ず最後に以下の点を確認しましょう。
・主語と述語があっているか
・誤字脱字がないか
・サービス名、社名に間違いがないか(英語やカタカナなどは要注意)
…漢字はもちろん、英単語のスペル間違い、企業名の間違いなどには気を付けましょう。
・句読点が適切に利用されているか(”、”が多すぎないか、少なすぎないか)
その他すべてのチェック項目を確認したい方は、【エントリーシートや論文で使える!】少しの工夫で、文章力を身に付ける方法の記事をご覧ください。

CATEGORYカテゴリー