• 2019.07.1211:30
  • 就活マナー

就活生がひげを生やすのはあり?

ひげ

就活生にとって、身だしなみは非常に重要です。就活を始めた学生には、社会人としてふさわしい振る舞いが求められます。言葉遣いや態度も重要ですが、身だしなみは清潔感と常識ある節度を意識しましょう。
頭髪を気にする就活生は多いものの、「髭(ひげ)」には無頓着な方がいるかもしれません。そもそも、就活生がひげを生やしても良いものなのか。普段から気にせず無精髭を生やしているような方も、あらためて就活に適した身だしなみを考えてみてください。

 

 就活生の身だしなみで求められていること

これまでの学生生活では、あまり身だしなみを気に留めてこなかった人もいることでしょう。しかし就活において、企業側に好印象を与えるために身だしなみはとても重要です。

 

企業の採用担当者が就活生に求めていることは、「清潔感」「若さ」「フレッシュさ」の3つ。長く企業で働いてきた採用担当者から見て、新入社員の若さやフレッシュさはとても新鮮なものです。そんな初々しさを感じてもらうために、清潔感はとても大切となるでしょう。
清潔感は、企業のあらゆる職種において好印象を与えます。特に、営業や接客などの人と接することを仕事とする人にとっては、採否を大きく左右しかねません。

 

 就活中はひげを剃るべき理由

結論から述べると、就活中はひげをきちんと剃った方が良いでしょう。ひげは、どうしても「だらしない」「不潔」といった印象を持たれてしまうものです。まずは、ひげを剃るべき理由を認識しておいてください。

 

<清潔感がない>

ひげを生やしている人は、自分のオシャレのためやポリシーに基づいているのでしょう。ただし、就活ではファッション関係や美容師などのクリエイティブ系の仕事であれば別ですが、そうでなければひげは剃った方が無難です。顔を覆ってしまうひげは、どうしても清潔感やフレッシュ感を感じさせるには無理があります。

 

<老けて見える>

ひげを生やしていると、実際より老けて見られます。若さやフレッシュさ、元気さを感じさせる社員を採用したい企業にとっては、まったく逆の印象を与えてしまうでしょう。第一印象が重要な就活において、これはとても損なことです。
これまでひげを生やしていた人も、就活をきっかけにきれいに剃ってみましょう。ひげを剃ると若々しくなることに気づくはずです。そうすれば、今より高い好感度を得られることが分かります。

 

<採用後も基本的にひげはNG>

ファッション関係やクリエイティブ職であれば、「ひげは生えていても問題のない」とする企業があるかもしれません。しかし、それはあくまで少数派です。そのため、基本的に採用後もひげは剃りましょう。ひげは不潔に見えるだけでなく、なんとなくエラそうに見えてしまいます。すると好感どころか、反感を持たれてしまうかもしれません。社会人になると、人間関係は非常に大切なものになります。わざわざ人を不快にさせるような行為は、何の得もありません。

 

 ひげの剃り方もチェックしておこう

ひげには、正しい剃り方というものがあります。きれいにひげを剃ることで、新人のフレッシュさや若さが強調されるでしょう。剃り残しなどは印象を悪くしてしまいますので、きちんと剃るようにしてください。

 

<ひげを剃る順番>

まずは、頬の広い箇所から剃り始めます。ひげの硬い口周りにフォームを塗っておき、頬から剃っていきましょう。その間に、フォームを浸透させて硬いひげを柔らかくします。広い頬を剃り終わったら、次は硬い口周りです。基本的に、逆剃りは肌を傷めますので行わないようにしてください。

 

<ひげ剃り後>

ひげを剃り終わったら、化粧水で潤いを補給しましょう。ひげ剃りは、水分や角質まで削り取ってしまいます。そのため、必要な水分をしっかりと補給することが大切です。その上から、さらに乳液を塗っておくのも良いでしょう。シェービングクリームやスキンケア化粧品は、たっぷりと使って肌を保護します。

 

<その他の注意点>

アゴ下と喉の毛を剃り忘れる人が多いようです。この部分はひげが寝てしまっているので、見落としがちな部分となります。肌をのばして、毛を起こしてから剃りましょう。そして、ひげ以外に気をつけたいのが「鼻毛」です。鼻毛もひげと同様に不潔感を与えてしまいますので、必ずチェックしてください。

 

 ひげが濃いことが悩み

中には、ひげが濃いことが悩みを抱える人もいるでしょう。青髭も、やはり良い印象を与えません。ひげが濃い人は、それなりの対策を考えて実行してください。

 

<ひげは朝に剃る>

ひげは朝に剃るようにします。出かける時間にあわせて、できれば10時以降が良いでしょう。出かける直前でも構いません。

 

<カミソリがおすすめ>

ひげが濃い人には、電気シェーバーよりカミソリがおすすめです。3枚刃以上なら、しっかりとひげを剃ることができます。また、シェービングフォームはフォームタイプを使いましょう。

 

<正しく剃る>

正しく剃れていないと、深く剃れずにひげが濃く見えてしまいます。また、アフターケアをきちんとしないと肌荒れなどを引き起こし、清潔感とは程遠くなってしまいますので注意しましょう。

 
 

ジョブラスなら企業から選考オファーがもらえる!
会員登録して企業からオファーを受け取る

 

CATEGORYカテゴリー