• 2017.01.1111:00
  • 就活マナー

就活の髪型でボブにしても良いの? ボブカットの髪型が就活におすすめする5つの理由

就活生の悩みの種である髪型の話題。ショートが良いのかロングが良いのか、はたまたボブカットが良いのか。そもそもNGや受かりやすい髪型などがあるのかなど、考え出したらなかなかキリがないかと思います。

 

女性の髪型は特に相手に与える印象を変えるので、意識しておきたいところです。

 

そこで今回おすすめしたいのはボブカットです! でもなぜボブカットの髪型をおすすめするのか、どんな感じが良いのか不安な部分も多いと思いますので、これから詳しく解説していこうと思います。

 

 

 女性の就活における髪型でボブをおすすめする5つの理由

それではまず、女性の就活でボブカットをおすすめする理由からご紹介していきます。

 
雰囲気を表現しやすい
ボブカットの良いところは、何と言っても明るい、柔らかいなど雰囲気を出しやすいことです。女性の髪型は多くありますが、こと就活となると多くの方が同じ髪型になりがちという点があります。

 

それも全然悪くはないのですが、どうしても自分の個性を出したい場合や、面接官の印象に残りにくいということが挙げられます。その点ボブカットであれば、可愛らしさだけではなく綺麗さなども演出しやすいというメリットもあります。

 

また、髪の長さに左右されず、仕上げることができる髪型としてもおススメです。

 
真面目な印象を与えやすい
就活生になると、不真面目な印象を与えてしまうのは内定から遠ざかる大きな要因になってしまいます。金髪やアイドル風の触覚が就活に適さないのは当然ですが、髪型で真面目な印象を与えておいて損はありません。

 

ボブカットにもいろいろありますが、毛先を遊ばせすぎない程度のものであれば、ボブカットは真面目な印象を与えることもできますので、普段使いできるという点でも魅力的な髪型と言って良いでしょう。

 
顔の印象が明るくなる
前髪が長いと顔の印象が暗くなりますが、ワンレンボブと呼ばれるものであれば、顔の印象も明るくなります。

 

つまり、前髪を単純に下ろすのではなく、斜めにしてみたりおでこを出すことで明るい感じを出すことが重要になります。

 
ワンレンボブの参考

 
清潔感を持たれやすい
就活における身だしなみで最も大事なポイントは清潔感です。リクルートスーツにシワがないことはもちろんですが、寝癖がないことや外ハネが多いなどはNGです。ボブカットも種類によっては就活に適さないものも多いですが、多少カールさせる程であれば、髪や見た目への配慮が感じられるため、好印象をえられると思います。

 

清潔感を感じるかどうかは相手の感性に寄るところが大きいので、できれば担当してくれる方が男性なのか女性なのかを事前に把握できるのが良いですね。女性であれば感覚は似ているでしょうから、自分の感性に合わせてセットして行くだけで良いかと思います。

 

もし男性の場合は年齢までを加味して見て、仮に年配の方であれば自分の父親に聞いてみるのが良いかもしれません。もしそれほど年齢を重ねていないのであれば、一度キャリアセンターの職員の意見を参考にするのも手ですね。

 
普段通りのままで面接に望み易くセットが楽
ボブカットの隠れた魅力は普段とさほど変わらないセットで就活や面接に望めるところです。普段少し派手めの髪型をしている場合、わざわざ就活のたびに髪型を変えるのは面倒だと思いますし、手間も多いでしょう。

 

また、普段と違う髪型をしていることに違和感を感じ、普段通りの自分で面接に望めない可能性もありますから、普段からショート系の髪型をしていた方にとっては、アレンジを加えることも少なく済んで良いかと思います。

 

 

 就活で好印象を持たれやすいボブカットのコツ

ボブカットが就活で活躍することの多い髪型であることがわかったところで、次に好印象を持たれやすいボブカットにするにはどうすれば良いのかをご紹介していきます。

 
茶髪にはしないこと
これはボブカットだからということではなく、就活生であるからと言った方がいいでしょう。決して茶髪が絶対にダメということではないのですが、新卒で一番採用されやすい方は、真面目で、将来性を感じられる、優秀な学生です。

 

新卒はポテンシャル採用とも言われる領域ですから、この学生は将来会社のために貢献してくれそうだと思われた学生でないと企業も採用しようとは思いません。

 

じゃあ、そのポテンシャルはどうやって測るのかということになるわけですが、その入り口になるのは「第一印象」です。これから社会人になろうという学生が、形式上だけでも変えることができないのであれば、そんな学生は会社も採用したいとは思わないわけです。

 

他にも様々な理由はあるものの、髪は限りなく黒に近づけるか、暗めの色にすべきでしょう。

 
髪は耳にかけておく方が就活生らしさを出せる
ボブカットを選ぶのであれば耳は出さないスタイルの方が可愛く見えるのは間違いありません。ただ、シチュエーションは就活における、面接の場ですから、できるだけ面接官に顔を見せて、目を見て話すのが鉄則です。目力は意外と強力な武器になりますし、意志の強さを感じさせますから、できれば前髪は眉あたりにまでして、サイドの髪は耳にかけておきましょう。

 

また、お辞儀をした際に髪が落ちてこないようにするのもポイントです。お辞儀をした後に何度も髪を直すのはあまり良い行為とは言えませんので、顔を下げても落ちてこないように、ピンか何かで止めておくことをおすすめします。

 
耳だしボブカットの例

 
ストレートボブの場合は前髪の位置が大事
ストレートボブの場合は特に前髪の作り方が大事になります。そのまま前髪をストレートに下ろす場合は眉の位置より長くしたり、パッツンになるのはおすすめできません。

 

眉よりも下だったり、パッツンでも絶対にNGではないのですが、顔の印象が暗くなりがちですし、あまり良いイメージを与えることが少ないので、わざわざそのようなことをする必要もないというのが結論ですね。

 
ストレートボブの場合の例
 
20170116_%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e9%ab%aa%e5%9e%8b%e3%81%a7%e3%83%9c%e3%83%96%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%ae%ef%bc%9f031
 
ナチュラルボブであれば就活用にセットする必要は少ない
ナチュラルボブとは言ってもセットされてナチュラルに見せているケースもありますが、ドライヤーや手ぐしでセットできる程度のものであれば、わざわざ就活用に美容室に行ったりするまででもないのかなとは思います。

 

普段使いができる髪型の方がストレスもかかりませんので、あまり凝った髪型にしすぎないというのも考えておく必要があるでしょう。

 
もっさりしすぎるとキノコヘアになるので注意が必要
ボブカットで最もやってしまいがちなのがキノコヘアになることです。日常生活でもキノコヘアはかっこ悪い髪型ですから、就活においては控えた方が良いでしょう。

 

自分で切る方もいますが、美粧室に行って切ってもらう場合は、スタイリストの方とよく話し合うか、お任せにしてしまっても良いかと思います。

 
前髪は長くしすぎずに流すと◎
やはりボブカットで一番印象良く、女性らしさを残せて、真面目なイメージも持ってもらうのであれば、前髪は流しておくのが良いかと思います。こ
 

好き嫌いや好みなどもあると思いますので、今回ご紹介したようなものを参考に、自分に一番似合うのはどれなのかを探していっていただければと思います。もし迷った場合は美容室のスタイリストさんと相談しながら決めてくのが良いかもしれません。

 

ただ、就活というくくりでいうと相手もよくわからないかもしれませんから、ある程度はあなたから要望を言っていくのが良いかと思います。

 

 

 ボブカットが就活では一部NGとされているのはなぜか?

最後にボブカットって本当に大丈夫なのかという疑問や不安について一つずつ解消していこうと思います。

 
カジュアルすぎるから
就活で真面目さが求められるのであれば、ボブカットのような髪型は適さないのではないかという疑問ですが、あまり気にしなくて良いと思います。もし髪型で就職先が100%決まるのであれば皆同じ髪型にしてくるはずです。

 

だた、第一印象が大きな比重を閉める新卒採用において、髪色が明るすぎたり、アレンジが効きすぎているとマイナス要因になることは十分に考えられます。そう言った意味ではボブカットにできる方は限られるかもしれませんが、一辺倒な髪型が多い中で、違った自分が一人いれば、記憶に残ることは簡単でしょう。

 
黒髪だとあまり似合わないから
ボブカットは黒髪だとあまり似合わないと思われていますが、先程ご紹介していたように、黒髪でも十分似合う髪型だと思います。

 

それこそ、美容室で黒すぎない色を入れてもらうこともできますし、就活生は絶対に黒髪でないといけないというルールもありませんので、暗めの落ち着いた色を選んでいただければ、黒髪のボブカットでも全く問題ないと思います。

 
若い・遊んでいると思われがち?
これは対応してくれる面接官によるところが大きいかと思いますが、派手なアレンジを加えない限り、ボブカットだから遊んでいると思われることは滅多にないと思います。可能性としては、ご年配の面接官や部長クラスの面接の際には多少何かを思うこともあるかもしれませんので、その際はアレンジを変えるなどの応用を考えても良いかとは思います。

 
スーツには似合わない髪型だから?
ボブカットはスーツに似合わないと言われている理由は、カジュアルすぎるからという部分が多いです。しかし、ボブカットはそれほどカジュアルな髪型とは言いづらいですし、スーツに合わないということもないでしょう。

 

【関連記事】

 

 ジョブラスに登録すると、マガジンで就活マナーやエントリーシートの書き方も学べる!

逆求人サイト・ジョブラスは就活プロフィールを作成すると、企業からオファーが届くサイトです。有名企業から中小優良企業まで、あなたのプロフィールを見て、オファーが届きます。
また、ジョブラスは就活サポートも充実!エントリーシートの書き方やマナーまで…気になる知識も得られたり、就活セミナーにも無料で参加できます。(※マガジンには一部会員限定のみ閲覧できる記事があります)就活を有利に、効率よく進めることができます。
⇒ 会員登録してジョブラスを利用してみる

CATEGORYカテゴリー