• 2017.01.0608:00
  • インタビュー

【文系だけどSEに内定】世界を股にかけたい! 深澤僚介さんの就職活動とは?

3年生が終わって、1年間フィリピンとカナダに自費留学していたという深澤さん。フィリピンは安く、英語初心者には優しいということから、そこで基礎的な英語能力を学び、次にカナダへ。カナダでは語学学校に行きながら、旅行会社でインターンとしてスケジュール作成などをしていたそうです。バイタリティあふれる深澤さんが就職先を決めたのは、IT企業のSE! そこにたどり着くまでには、深澤さんの野心と直面した「お祈り」、そして人の「縁」という道のりがありました。
 
%e6%b7%b1%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93600%ef%bd%98450
 
▼深澤さんのプロフィール
氏名   :深澤僚介
出身大学 :都留文科大学
学部   :文学部
志望業界 :物流、楽器メーカー、IT、商社
説明会参加:約30社
エントリーシート提出:20社
面接   :10社
内定   :1社(株式会社アビソル)
 
▼深澤さんの就活は大体こんな感じ!
 
【大学4年生3月】
自己分析、合同企業説明参加、企業・業界研究

【大学4年生4月】
企業説明会参加、面接、自己分析本を購入し、再度自己分析。

【大学4年6月】
第一志望だった物流企業から祈られる。第一第二志望業界の企業説明会・面接へ参加。
他の業界も考えるようになり、IT企業の説明会参加。友達のすすめでアイデムスマートエージェントに登録。
 ↓
【大学4年生9月】
ITベンチャー企業に内定を頂き、就職活動終了。 
 

 「好き」だけでは弱かった志望理由

 
――就活について、いつ頃、まず何から始めたのか教えてください。
 
まわりに合わせて、3月くらいから合同説明会に参加しました。最初は知名度があるところから。こだわりはありませんでした。ESは本やネットで調べて自分なりに書いて。
 
――選考を受ける企業は、どうやって絞ったのでしょうか。
 
世界で仕事をしたかったので、業界は物流、商社かなと。あとギターとベースをやっていたので、楽器メーカーも。でもそれらに落ちて、視野を広げなくちゃ! と。祈られちゃった理由? 焦って、志望理由が弱かったのかなっていう……。
 
友達にアイデムスマートエージェントを利用してすでに内定をもらっている人がいて、それで僕も利用してみようと思いました。
 
――「好き」だけでは、志望理由が弱かったんですね。エージェントとは、どんな話を?
 
担当者の人には、“持ち駒がなくなった”というのを正直に言いました。『やばいんです!』って。そうしたら、『これからもっといろんな企業をみていきましょう』って言われて、安心しました。
 
最初に、僕の“条件”を聞かれました。僕は学校でも勉強していたので、とにかく英語を使いたいということ。あとは残業が少ないとか、東京勤務がいいとか。ざっくばらんな話をするなかで、10社くらい紹介してもらいました。IT企業、住宅営業、メーカーの営業。
 
ITが多くて、最初はなんでITだろうって思いました。また文系でもSEになれるって知らなかったので、びっくりしました。想定していないところを紹介してもらえて、そうやって志望業界を広げてもらえるんだなって思いました。それからその企業の説明会に行ってみたら、『IT、いいかも』って思いました。
 
――自分では思ってもみなかった業界へ、視野が広がったんですね。
 
生活のなかは、もはや全部ITに関連しているから身近だし、将来性もありそうだし、社会貢献にもなるといった魅力を感じました。外国人と話すチャンスもあるとのことで、英語も使えそうでした。(不安は?)ありました。説明会でも知らない単語が飛び交っていたし、まわりの就活生もIT志望だったので。
 
――選考に進んでいる時の状況について、教えてください。
 
メーカー営業は、英語を使えるチャンスが多そうで、魅力的だったけど祈られちゃいました。住宅営業は最終まですすんだんですけど、すすむにつれては割とドメスティックな感じがして、英語を使いたい自分が、本当にここでいいのかなって不安になって。ITは、内定先の人から、『やればできる』って言われていました。
 
――妥協したポイントはありませんでしたか。
 
福利厚生は、最初は住宅手当とか気にしていたけど、最終的には優先度は低くなりました。
アイデムさんに駆け込まなかったら、自分で視野を広げることはできなかったです。こだわりが強すぎて、広げ方がわからなかった。妥協の仕方もわからなかった。
 
友人で大手企業に受かっているやつがいても、他人とくらべても仕方ないと自分に言い聞かせて。中小でも社員同士の仲が良いとか、いいところはいっぱいあるし。
 
――就活にあたって、東京は遠いですよね。
 
大変でした。でもエージェントの担当者との面談は一度だけ。あとは、全部メールと電話でした。頻繁に状況を聞いてくれるので、助かりました。
 
――地方の人にとっても、利用価値は高いということですね。その他アイデムスマートエージェントをオススメしたい人は?
 
業界絞りすぎちゃってて煮詰まっている人。あとアイデムスマートエージェントさんだと非公開求人とかもあって、内定確率もあがるので、とにかく内定がほしいという人にもおすすめです。
 
内定をもらったときの気持ちについて、深澤さんは「やっと終わったという安心と同時に、SEという職業柄不安もありましたね。心から喜べる状態というわけでも(笑)」と笑いますが、同時に「代表の人から電話がかかってきて、話したときに、ITでがんばりたいなって思えて」とも。とにかく異文化と接するのが好き、人と接するのが好きな深澤さん。大手企業よりも自分の活躍できるフィールドが広い規模の企業で、ITを道具に、海外とやりあっている姿が目に浮かびます!

 

<JOBRASSマガジンからのお知らせ>