• Profile
  • 氏名:岩田 健太郎

    職種:デジタルマーケティング

    入社:2018年4月

    部署:デジタルマーケティング部

  • 1993年、埼玉県生まれ。就職を機に様々な土地で働いてみたいと思い、全国転勤がある職種を調べて就職活動を行う。就活イベントで株式会社ライドオンエクスプレスの人事担当と話した際に、話しやすくてフレンドリーな対応に会社の雰囲気の良さを感じ、2018年4月に新卒で入社。銀のさら横浜六ツ川店の副店長、山形店の店長を経て、2020年4月に本社に異動。現在はデジタルマーケティング部で活躍中。

What I do -こんな仕事をしています- インターネットなどデジタルテクノロジーを活用した商品の販促、販売、広告に携わっています。

現在私はデジタルマーケティング部で、インターネットなどのITを活用した当社の商品の販促、販売、広告などのマーケティング業務に携わっています。部は10名体制で、その中で私は企画推進グループの一員として、販促と販売を主に担当しています。具体的には、販促としては会員様に対するメールマガジンやLINEのメッセージ配信、公式アプリのプッシュ通知によるキャンペーンなどの情報発信といった業務があります。また、販売としては「SP商品」と呼んでいる公式サイトだけに掲載・販売している商品の企画・運用を行っています。

店舗の場合、エリア内のお客様だけに対しての情報発信です。それに対して私たちの場合、登録いただいている全国の会員様に対して、お勧め商品やキャンペーンなどの情報を発信します。例えばメールマガジンは一度で170万通の配信ができるので、ミスしていたらと思うとプレッシャーですね。しかしそれだけ影響力があるのでやりがいがあります。

また、キャンペーンなどの情報を配信した後に、どれだけの効果があったかの検証を行い、その数値を見て次の施策につなげています。そういった試行錯誤を重ねながら、施策をブラッシュアップしていった結果、商品の売上がアップするなど、効果が出た時は達成感を感じますね。

店長として経験を積み現在は本社で活躍中。

Careeres -キャリアプラン- 銀のさらの副店長、店長として経験を積んだ後、本社に異動し、現在はデジタルマーケティング部に所属。

私は2018年4月に新卒で入社しました。3ヶ月間の研修を終えた後にまず配属となったのは銀のさら横浜六ツ川店です。そこでは副店長として約7ヶ月間にわたり、店長のもとで店舗運営を学びました。その後、2019年3月に店長として赴任したのが山形店です。それまでいた横浜六ツ川店が社員3名体制で、調理や配達を担当するクルーさんもベテランが多かったのに対し、、山形店の場合、社員は私1名でクルーさんもそれほど経験がある方がいない状況でした。その中でまずクルーさん全員と個人面談を行い、一人ひとりが仕事について考えていることや、困っていることなどを聞いていきました。また、一緒に食事に行くなどしてコミュニケーションを図り、相談しやすい雰囲気づくりを心がけました。そのような取り組みを進めていくにつれて、徐々にクルーさんとの信頼関係が深まっていったのです。そして一番の繁忙期の年末年始に店舗一丸となってお客様に対応し、前年を上回る売上を上げた時は嬉しかったですね。

山形店の店長を1年ほど務めた後、約3ヶ月間にわたって、三軒茶屋店の立ち上げに携わりました。大変だったのは採用したばかりのクルーさんの教育です。それまで2~3人の新人教育の経験はありましたが、約20人ものクルーさんを育てながら営業も進めなければなりません。難易度の高い仕事でしたが、エリアを統括するスーパーバイザーや他店舗の店長、副店長など、多くの方々に協力いただいたおかげで、2ヶ月目には1ヶ月前とは比較にならないほど安定して営業を行えるようなりました。そんな経験を経て、2020年7月からは現在のデジタルマーケティング部で業務に取り組んでいます。

デジタルマーケティングに携わっています。

My work -先輩たちの働く姿- 運用に携わったキャンペーンが大成功!ネット注文の割合が過去最高の50%を突破。

これまで携わった仕事の中で印象に残っているのは、2021年6月の父の日に合わせて『父の日デリポイント半額キャンペーン』を企画、実施した時のことです。これは期間中にネット経由でご注文いただくと、対象商品の半額分をポイントで還元するキャンペーンでした。

私はこのキャンペーンの中で運用業務を担当し、公式アプリやLINEに登録いただいている会員様に配信する告知メッセージの作成や手配を行いました。また、社内や関係者との調整役としての役割も担いました。全国店舗にキャンペーン概要を連絡したり、キャンペーン特設サイトの制作を協力いただいているWeb制作会社に依頼したり、システム部門に相談して配信システムの調整をしたりといった業務にも携わりました。

おかげさまでこのキャンペーンは大好評で、全国で数多くのお客様にネット経由でご注文をいただきました。その結果、これまで40%程度だったネット注文の割合が、過去最高となる50%以上にまでアップしたのです。その数字を見た時は時自分たちの頑張りが報われたと感じ、嬉しかったですね。また、私自身、デジタルマーケティングの経験・知識が全くない状態で今の部門に異動してきましたが、1年弱である程度一連の運用業務ができるようなったのは、大きな自信になりました。

風通しがとてもいい会社です。

My work -先輩たちの働く姿- 風通しがいい会社!面倒見のいい人が多く、困った時や悩みがある時は何でも相談できる環境。

新卒で入社して4年間勤務して感じているのは、風通しがとてもいい会社だということです。もちろん、役職として上司・部下の関係や入社年度による先輩・後輩という関係はありますが、厳しい上下関係は一切ありません。上司や先輩は面倒見がいい人が多く、困った時や悩みがある時は、仕事のことはもちろん、プライベートのことまでいろいろと相談に乗ってもらっています。今の部門に配属されたばかりの頃、先輩たちからデジタルマーケティングの基礎知識を教えてもらえたのはありがたかったですね。

今は会員様へのメッセージ配信などデジタルマーケティングの運用を中心に担っていますが、今後はキャンペーンなど販促戦略の企画にも携わってみたいと考えています。当社は「こんな仕事に挑戦したい」と積極的に声に出して言うことができ、チャレンジできる環境です。そして、挑戦しようとする人を、まわりのみんなが後押しする風土があります。

先日、年に2回行っている上長との目標面談がありました。この面談では半期の振り返りをしつつ、今後どのようにキャリアを築いていくかを話し合うのですが、その際に上長に「企画に挑戦してみたい」と伝えました。今後デジタルマーケティングに関する知識をもっと学んで、会社の売上アップにつながる企画をどんどん提案していきたいと思っています!

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

ライドオンエクスプレスグループ

業種 レストラン・フード, 食品, 専門商社
事業内容 ■株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス
■株式会社ライドオンエクスプレス
※2017年10月よりホールディングス化し、持ち株会社体制へ移行しております。

・フードデリバリー事業の運営
・フランチャイズチェーン店の加盟募集・指導業務

皆さん、「中食」という成長中の業界はご存じですか?
私たちライドオンエクスプレスは、中食におけるデリバリー業界内で初めて上場を果たした企業です。
主に「銀のさら」や「釜寅」といった業界シェアNo.1 のブランドを持っています。
さらにこれからも伸び続けていくデリバリーの市場において、新たなブランドもどんどん開発し、出店を始めています。
皆さんもこれから成長し続けていく当社で、一緒に成長していきませんか?
気になった方はぜひ弊社のセミナーにお越しください!
皆様にお会いできることを楽しみにしております。
Webページ 企業ホームページ
先輩社員紹介
設立(年・月) 2001年7月
代表者名 江見 朗
資本金 10億4,444万円(2021年3月時点)
上場データ プライム
売上高 253億円(2021年3月時点)
従業員数 3,804名/うち正社員387名(2021年3月31日)
従業員平均年齢 34.4歳
本社所在地 東京都港区三田3-5-27住友不動産三田ツインビル西館17F
勤務地
(都道府県)
北海道, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 大阪府, 福岡県

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!