• Profile
  • 氏名:戸川 なぎさ

    職種:生活支援員 主任

    入社:2010年5月

    部署:恵和青年寮

  • 鹿児島県出身。大学時代は水産学を専攻。卒業後はエステティシャンとして6年間勤める。
    その後、より深く人と向き合える仕事がしたいという思いから福祉業界に興味を持ち、高齢者向けグループホームに転職。
    2010年5月、知人の紹介をきっかけに社会福祉法人恵和に入職。
    グループホーム恵和やわらぎを経て、現在は恵和青年寮に所属。(取材日:2015年10月現在)

What I do-こんな仕事をしています- 知的障害をもつ方が、地域で生活するための場所をつくる。

私が働いているグループホーム恵和やわらぎでは、中度・重度の知的障害を持つ方の日常生活をサポートしています。
具体的には、生活介助、お食事づくり、お掃除、外出の付き添いなどさまざまです。ここには長い入院生活を明けて入所された常時介助が必要な利用者さんもいれば、自分の仕事を持っている比較的自立度の高い利用者さんもおり、いろいろな方がひとつ屋根の下で共同生活をしています。ここはご自宅とは違う、“地域で生活をするための場所”なのかもしれません。

恵和やわらぎが運営しているホームは全部で10拠点あり、1つのホームにつき5人の利用者さんが暮らしています。私も最近までは、このホームのなかで直接支援をしていましたが、現在は、多方面への調整業務がメインになってきており、施設全体の運営管理を通して利用者さんの暮らしを支えています。大変さはありますが、「この仕事が好きだな」と感じる場面はいくつもありますね。

調整と配慮が仕事のカギ

My work -先輩たちの働く姿- “わかりやすい生活”をコーディネートしていく。

知的障害のある方のなかには、自分の思いをうまく伝えられない方もいらっしゃるため、些細な言動からもニーズを読み取ることがとても大事だと考えています。「どんなことに困っているのか」「どうしたら安心できるのか」を、各ホームの担当職員と一緒に考えながら支援計画を立ててきました。
こうしてみると、いまの仕事はいくつもの生活を見守るコーディネーターのような一面もあるのかなって思います。

また利用者さんへは、ホームでの暮らし方をシンプルに組み立てることに注力しています。これは私自身の考えなのですが、生活の場所って別に毎日楽しくなくてもよくて、ごくごく普通でいいと思うんです。例えば、部屋でテレビをボーっと見ているような、ただ安心できるだけの空間のような。
そうした暮らしやすい環境を提供し、“わかりやすい生活”を送っていただければと思っています。

以前、利用者さんから言われてうれしかったのが、「ここのホームが一番いいよ」という言葉です。その方はいろいろなホームで暮らしていたことがあったのですが、ふとした会話のなかでこんなことを言ってくださりました。以前の住まいよりもこのホームに来てからのほうが穏やかに暮らせているんだなと利用者さんの姿からうかがえると、この仕事をやっていてよかったなって思えますね。