• Profile
  • 氏名:H.S

    職種:SE(システムエンジニア)

    入社:2012年4月

    部署:産業ソリューション部

  • 日本大学・大学院了。大学では生物資源科学部で微生物の共生をテーマとした研究に携わる。就職活動の際には、システム開発会社のSEを志望して企業にアプローチ。当社の面接を受けた際、社長から学生時代の研究テーマや研究に対する姿勢が評価されたことや、話を一生懸命に聞いてくれる会社の誠実な姿勢に魅かれたことが決め手となって入社する。入社後は製造業向けのシステム開発を手掛ける部署(現在の部署の前身)に配属となり、SEとしてのキャリアをスタート。生産管理システムや原価管理システムなどの新規開発・保守開発を経て現在に至る。
    社内勉強会を主催し、若手中心に自己啓発を進める。業務外では野球部に所属し活躍中。

What I do -こんな仕事をしています- 製造業の原価計算・原価管理の効率化を図り、経営を最適化させるシステムをつくる。

現在私が所属する「産業ソリューション部」では、主に食品関係を中心とした製造業向けのシステム開発を行っています。製造業は、必要な物を、必要な時に、必要な量だけ生産するという「ジャストインタイム」の考え方が事業の根底にあり、製造・販売・在庫における業務の最適化をサポートするシステムの存在が、経営に大きな影響をもたらします。製造業は日本の経済の土台を支える産業の一つですから、「産業ソリューション部」は当社のSI事業の中核として、非常に重要な役割を担っている部署と言えます。
私はシステムエンジニアとして、某大手食品メーカーの原価管理システムを担当しています。原価管理システムとは、原価計算や原価管理などを的確に行い、業務最適化を図るシステムです。私はお客様との打合せからはじまり、要件定義、設計、開発、運用保守まで一貫して担当しています。このプロジェクトにはERPパッケージの導入開発フェーズから参加しており、現在は既に導入しているシステムの改善を目的とした改修開発などがメイン業務となっています。工場によって製造するものが変われば、原価管理システムの運用方法も変わってきます。そういった意味で、改修によって上手く行った事例を他の工場に横展開し、全社の業務最適化につなげることも大切なミッションの一つです。
開発フェーズでは、複数人のプログラマーの協力が必要になってきます。その際には、一貫してシステムに携わっている者として、新しくチームに参画するプログラマーに、システムの仕組みやフレームワークなどを教育し、業務達成のためにマネジメントしています。

SQLやC#等も入社してから覚えました

Growth and development -成長を実感したい- 業務システムのスペシャリストとして、お客様への提案で信頼を得られるようになりました。

新入社員の頃は、当然のことながら製造業の業務フローに対する理解度が浅いことに加え、統合基幹システム(ERP)の商品知識や技術知識なども初級者レベル。当初はお客様や先輩SEなどから、頼まれた通りに業務を実行するのが精一杯でした。自分の中で消化しきれないまま進めている業務もあったので、一つひとつの業務を点でしか捉えられず、システムの全体像が見えていなかったように思います。
しかし6年ほど同一業界のお客様と直にコミュニケーションを取りながらシステム開発を行ってきたおかげで、今では業務やシステムの知識が身に付き、お客様ともビジネスパートナーの一人として話せるようになっている実感があります。お客様の業務における課題を把握し、こちらからシステムの仕様追加・仕様変更の提案を行う場面も確実に増えています。
知識はそれなりに身に付きましたが、プログラマーと協働したり、チーム内のスキルアップ、モチベーションアップを図るなど、プロジェクト全体をマネジメントする能力は、まだまだ半人前だと思っています。この点に関して、今後意識的に伸ばしていきたいですね。

塾の授業と社内会議は似ていると思います

Preffered skills & experience -得意なことを仕事に- 小・中学生向け集団授業の講師アルバイトが、貴重な体験の一つに。

私は大学時代、小学生・中学生を対象とした学習塾にて、集団授業の講師アルバイトをした経験があります。勉強に向かう意欲や、授業の理解レベルは、子どもによって異なります。そうした環境下で、講師として十人十色の特徴・個性を持った子どもたちの前に立ち、学びの場をスムーズに進行させることの難しさを味わいました。そして、授業を通じてみんなの理解度が上がり、満足してもらえた時には大きな達成感を得られたことを覚えています。
このように何かの目標に向かい、多くの人が集まる場をファシリテートする経験は、システム開発のプロセスの一部にもリンクしているようにも思います。それを強く実感するのはチーム全体が集まるミーティングです。最近は10名以上の前に立ち、ホワイトボードを使って何かを説明したり、教えたりする場面もあります。ミーティングを有意義なものにするためには、私が発信する情報が、チーム全員にとってわかりやすく、ボトムアップにつながるものであることが大切です。そうした場面があるごとに、大学時代の塾講師のアルバイトで苦労した日々を思い出しますね。
まわりの人たちと、どのようにコミュニケーションを図ればチーム力がアップするか。システム開発の仕事を通じて学ぶことは、技術の知識と同じくらい、ヒューマンスキルが大切であるということですね。

成長の場を提供してくれた会社に感謝です

My work -先輩たちの働く姿- 設計から、開発・導入、保守まで、一本道で続くプロジェクトが私を育ててくれています。

大手食品メーカーのお客様に原価管理システムを新規導入するプロジェクトに、私は入社2年目のときに参加しました。原価管理システムの新規立ち上げ時の設計段階から参加し、その後の開発からシステム稼働まで一貫して担当しています。私は原価管理システムの新規立ち上げ時の設計段階から参加し、その後の開発からシステム稼働まで一貫して担当。新規立ち上げ時は、若手・中堅プログラマーを中心に、私を含め10名くらいで開発を行いました。
私を含め経験が浅いメンバーもいて、途中つまずきそうになることも多々ありました。しかし、チーム全員で協力しあった末、システムを安定稼働させるまでに至り、お客様よりたくさんの感謝のお言葉を頂戴しました。その時に味わった苦労は、確実にシステムエンジニアとして血肉になっていますね。
システム稼働後は継続的に改善を重ねていき、現在はお客様がほしいデータを自動で集計できるようになっています。システム戦略上、これから着手すべき課題も、「データをどう集めるか?」から「集めたデータをどう活用するか?」というフェーズに移ってきています。このように、お客様のシステム開発を一貫して任されることは、大きなやりがいを感じます。今後もお客様の業務に寄り添い、これからまた出てくる新しい課題に対し、最適なソリューションを提供していきたいですね。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社東京システムリサーチ

業種 ソフトウエア・情報処理・ネット関連
事業内容 <お客様の経営・業務の課題・問題解決業>

1. 業界業務特化型ソリューション事業
 対象業界:
  製造業、金融業、流通/卸売業
 対象業務:
  全体最適計画、生産管理、原価管理、製造実行管理、
  設備管理/設備購買、販売物流、倉庫管理、
  諸届ワークフロー/人事給与/財務会計、管理会計、連結会計

2. コンサルティングサービス事業
 経営管理、SCM、会計、BPO、BCP、IT戦略/IT企画、
 人事、現場改善、各種コンサルティングサービス

3. システムインテグレーション事業
 ・システム要件定義/設計/開発/運用/保守
 ・ネットワークサポートサービス
 ・インフラ構築サービス
 ・セキュリティサポートサービス
Webページ 企業ホームページ
設立(年・月) 1982年5月20日
代表者名 山東 功
資本金 8,000万円
上場データ 未上場
売上高
従業員数 206名
従業員平均年齢 34歳
本社所在地 東京都江東区豊洲5-4-9KR豊洲ビル
勤務地
(都道府県)
東京都

セミナー詳細

セミナー名

カテゴリ

対象卒業年度

カテゴリ

説明会

対象卒業年度

2020年卒

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!