• Profile
  • 氏名:大礒 洋明

    職種:代表取締役

    入社:役員就任:2001年(代表取締役就任:2007年)

  • 1994年鉄鋼系システムインテグレーターに入社。システム開発だけでなく、企画提案~プロマネに従事した後、2000年11月に退職。翌2001年1月に当社の前身であるコーデオンライン・ジャパン株式会社の設立に参画、取締役就任。2007年、代表取締役に就任。
    仕事におけるモットーは、ユニークな仕事をすること。また、創造的な方法で問題解決をすること。そのために、お客様の問題点や悩みに耳を傾け、業務を隈なく理解し、お客様に最も適した方法を提案したいと考えています。

Our businesses-会社を知る-スポーツと保険の分野で自社サービスを提供。開発から保守まで自社内で行い、中身で勝負、高いシェアを獲得。

当社は2001年、フィンランドの携帯ゲーム会社「Codeonline Ltd.」の日本法人として設立。2004年に独立し、法人向けシステムソリューション事業を開始しました。
2006年には当社のコア事業である「スポーツ競技団体向け会員管理システム」の第一弾として、日本バレーボール協会(JVA)様向けシステムを開発。選手やチーム責任者自身がPCや携帯から直接操作して所属団体に登録・変更などの申請をするシステムです。競技団体の業務効率化を図り、登録制度や大会要項の効率的な運用を可能にします。
ご存知の方もいるかもしれませんが日本のスポーツの中央競技団体、「日本○○協会」には、47の都道府県協会があります。特徴的なのがその組織階層で、中学校や高等学校、実業団など、各種別を代表する「全国△△連盟」と呼ばれる団体もあります。各都道府県の下部組織はその組み合わせによって構成され、地元に密着した活動を行っています。それらの下部組織はボランティアの方々主体で運営され、そこに様々なチームが加盟しているのです。
例えばある中学校の部活動チームが全国大会の予選に出場する為には、「日本〇〇協会」に登録をしなくてはなりませんが、以前はシステムを使わずに複雑な組織階層を経由して登録作業が行われていた為、本人が知らないところで行われる不正登録や、1人の選手が複数の県から同じ全国大会に申込むといった不正出場が発生することもありました。しかし、2007年にJVAで導入されたこのシステムはこれらの不正防止にも役立ったと評価いただきました。このシステムで初めて地域組織を超えた連携が可能になったのです。
2008年から、他の競技団体について調べていくと、ほとんどの団体で属人的かつ非効率的な方法で登録業務が行われていることがわかりました。それぞれの競技・支部ごとでは小規模なものですが、国内スポーツ界全体としては十分な市場規模があり、もし最適なシステムを実現できれば、独自の技術力で評価される世界を作れると確信し、この分野を深堀りしていこうと決めました。
それ以後、ヘルプデスクでのユーザ反応などをヒントにして、システムを定期的・継続的に大幅改善しました。さらに各団体の違いに着目し、それらを効率的に取扱えるシステムの検討を開始。その成果をアピールし、本システムの発展版を、日本バスケットボール協会様、日本体操協会様、日本ハンドボール協会様、日本ラグビーフットボール協会様、全日本柔道連盟様、日本卓球協会様などに展開してきました。また、現在、野球分野でも展開をはじめています。

Corporate value-私たちの強み-メダルを獲るスポーツ競技団体を支えるのは、この上ない名誉だが、それ以上の理由があってこの仕事に注力している。

当社の事業のうち約6割を占めるのがスポーツ競技団体向けシステムの提供です。お客様は現在9団体。今年中にさらに2団体が増え、計11団体になる予定です。ちなみに、2016年にブラジル・リオで行われた国際スポーツ大会で日本が獲得したメダルの総数をご存知ですか?金銀銅合わせて42個です。そのうち18個は当社のお客様である競技団体の選手が獲得しました(柔道、卓球、体操)。世界最高の選手を育て、大成功を収めた競技団体のお仕事を手伝わせていただけることは、本当に名誉なことです。
しかし、私は、そのことだけからこの仕事に注力しているわけではありません。スポーツ競技団体の世界は、非効率的・属人的な業務が大量に残されている分野で、ソフトウェア業の役割が急拡大すると思ったのです。ソフトウェア業とは、時間当たりいくらでお金をいただくことではなく、自社で開発したソフトウェアの使用許諾によって対価をいただくことだと考えています。それは、個別のお客様の要件に振り回されることなく、業界全体で使える標準的なシステムを実現することで初めて可能になります。ところが、スポーツ競技団体では各団体のやり方が一見全く違うため、共通性を整理することが難しく大変なチャレンジだと気づいたのです。きちんと腰を据えてこのテーマに取り組めば、日本のスポーツ界を強靭化する技術者集団になれると確信しています。これが当社の目標です。長期的な目標を立ててシステムの高度化に取り組むことで、お客様の役に立つだけでなく、開発者が感じる面白さも一層深まっていきます。
そのためには、【1】業務の専門家になると同時に、【2】柔軟性が高いソフトウェアの設計者となり、そして、【3】時代に合った機能を提供していくことです。
まず、【1】業務の専門家となるためには、教材を見つける、先生を見つけることが大切です。各団体の資料・文献を大量に読み込み、知見をお持ちの多くの関係者の方々とやり取りします。各団体の違いを細かく比較し、共通的な特徴を浮かび上がらせます。
次に、【2】柔軟性を高めるための設計技法を駆使して、様々な団体で使えるシステムの内部構造を実現することです。それが生産性=競争力を高める秘訣です。そして、開発したシステムを競技団体の方々に使用してもらい、感想をヒアリングし、使い勝手も内部構造も改善していく。それを繰り返すことです。
3つ目の、【3】時代に適した機能を提供するためには、新技術を取り入れながら、どんどん新しい要望に対応していくことです。IoTの時代らしく、スマホで選手がチームや協会とつながり、あらゆる履歴情報などが集約され、選手本人が自分の情報をコントロールする永続的なシステム、という考え方が普通になってきました。時代に適したやり方を模索して、ますます便利なサービスを提供したいと思います。

Corporate value-私たちの強み-保険代理店の業務を支える自社サービス、先進的な機能を見極め、実現。粘り強く顧客獲得。

もうひとつのコア事業・乗合保険代理店向け手数料計算システム「サクッと明細」。これは、複数保険会社の商品を扱う乗合保険代理店が、募集人(営業社員)の給与明細を作成するためのシステムで、2009年より提供を開始しました。
開発のきっかけは、ある保険代理店様からのご依頼でしたが、この業界でも視野を広げてみると、大規模で属人的、かつ非効率的な業務を発見。日本中の保険代理店に使ってもらえるシステムを目指して拡充を続けてきました。
2010年ごろ、まだ顧客数が10社にも達していないときに、数百人の募集人を擁する乗合保険代理店から電話があり、「本当にサクッとできますか?」と訊かれ、「もちろんです」と答えました。数か月間にわたって試していただいたのですが、上場を予定するその会社に必要な機能が不足していたため、その後「サクッと」切られました(笑)。
しかし、その時にお預かりした大量の資料や要求の分析が、のちの機能拡充のヒントになりました。2年以上かけてその機能を開発、どの代理店でも利用できるオプション機能として作り上げました。もちろん、そのお客様は戻ってきてくださり、今でも弊社の顧客です。
世の中の先進顧客の求めるもの、その先にあるものを見極め、目標設定して、長期間にわたって諦めずに食らいついていくことが大切だと考えています。

We are looking for people who…-私たちが求める人材-「凝り性で、面白いものを作り上げたい」人とお会いしたい。

当社はスポーツ競技団体向けのシステムを開発している会社だからスポーツ好きが集まっている、というわけではありません。スポーツ好きも、そうでない人もいます。スポーツには、「見る」「する」「支える」の3要素があると言われますが、業務を「支える」こそ、私たちの仕事です。
理系か文系かは関係ありません。採用の判断基準は、エンジニア適性の有無と性格がすべてです。
凝り性で、自分なりの構成力を発揮して、お客様をビックリさせる、面白いものを作れる人がいいですね。以下の人物像が該当します。

01 Creative: 発想の豊かさを大切にし、独自性のあるアイデアをサービスとして作り上げたい人
02 Craftsperson: 細部まで理解して、優れたソフトウェアを設計・製作したい人
03 Logical problem solver: ロジカルな問題解決能力のある人

そして、仕事を動かすには単なるコミュニケーション能力よりも人間関係能力が必要ですから、リーダー気質、そして、予想もしないような考えに接したときに素直に相手の考えを受け入れられるような人がいいですね。

04 Leader: 厚かましくおおらかな態度で、人に働きかけ、積極的に行動できる人
05 Flexible: とらわれない素直な心を持つ人

これらのいずれかに秀でた長所を持つ人にお会いしたいと思っています。ぜひご応募ください!

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

コーデソリューション株式会社

業種 ソフトウエア・情報処理・ネット関連
事業内容 Web系業務システムの開発・運用業務を専門としています。
経験分野・類似分野に特化することで、新規開発では決して得られないような高い費用対効果と利便性を備えたシステムを実現します。
さらに、運用とヘルプデスクを通じて、これを継続的に改善し、お客様の業務効率を高めていきます

・システム受託開発・運用事業
・ASP事業
Webページ 企業ホームページ
設立(年・月) 2001年1月
代表者名 代表取締役 大礒 洋明
資本金 4,000万円
上場データ 未上場
売上高 2億5,102万8千円(2017年12月期)
従業員数 30名(正社員22名、パート・アルバイト8名)※2018年10月時点
従業員平均年齢
本社所在地 大阪府大阪市西区江戸堀1-2-11大同生命南館 9F
勤務地
(都道府県)
大阪府
≪2020卒採用情報≫
◆職種 : 専門職(WEBシステムエンジニア、プログラマー)

◆仕事内容 : 自社クラウドサービス、業務システムの開発

◆勤務地 : 大阪本社(大阪市西区)

◆初任給 :
 大学院卒:月給250,000円
 大卒:月給 240,000円
 高専・専門学校卒:月給 218,000円

◆勤務時間 : 9:30~18:30(実働8h)

◆休日・休暇 :
 完全週休2日制(土・日)、
 祝日/ 夏季 冬季 / 産休 育児休暇 / 有給 / 特別休暇 / 慶弔休暇

◆年間休日 : 125日 (2017年実績)

◆昇給 : 年1回

◆賞与 : 年2回

◆前事業年度の月平均所定外労働時間の実績 : 21.8時間(2017年度)

◆前事業年度の育児休業取得者数/出産者数 : 男性1名/女性1名

◆諸手当 :
 通勤手当(当社規定による)、時間外手当、家族手当、住宅手当

◆待遇・福利厚生 :
 資格取得支援制度、退職金制度、ベネフィット・ワン、社保完備、予防接種、
 健康診断、社内ドリンク、懇親会、忘年会、家族参加パーティー

◆研修の有無 : 有り
 入社研修

◆自己啓発支援の有無 : 有り
 書籍購入支援

◆メンター制度の有無 : 無し

◆キャリアコンサルティング制度の有無 :無し

◆応募資格 : 専門学校生、短大生、大学生

◆採用予定学部・学科 : 全学部全学科

◆採用人数 : 4名程度

◆過去3年間の新卒採用者数(男女別) :
 2015年 男子 1人 女性 1人
 2016年 男性 1人 女性 0人
 2017年 男性 4人 女性 1人
 2018年 男性 1人 女性 0人

◆従業員の平均年齢 : 32.6歳

◆提出書類 : 成績証明書、卒業見込証明書

◆問い合わせ先 :
 TEL:06-6225-0600
 Email:apply@codesol.jp

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!