• Profile
  • 氏名:加藤 享佑

    職種:人事担当者

    入社:2013年4月

    部署:人材開発室

  • 大学時代は中国文学を専攻するかたわら、小学校から続けていたバスケットボールに熱中する。就職に際して重視したのは一生働くことができる安定した会社であること。様々な業界の企業を検討した結果、東証一部上場企業として安定成長を続けており、業界トップクラスの経営基盤を持つフルサトグループへの就職を決意し、2013年4月に入社。入社後は、フルサト工業株式会社の茨城営業所で2年間営業として活躍した後、フルサトグループの人材開発室に異動となり、現在は採用業務全般に携わっている。

Our businesses -会社を知る- 鉄骨建築資材や機器・工具などの提供を通じ、半世紀以上にわたって日本のモノづくりを支えています。

フルサトグループは設立以来半世紀以上にわたって、あらゆる業界の製造現場に対し、鉄骨建築資材や機器・工具など様々な商品やサービスを提供し、日本のモノづくりを支えてきました。現在7つの会社から構成されていますが、そのうち募集会社のフルサト工業株式会社と株式会社ジーネットの事業内容をご紹介します。

まずフルサト工業株式会社は、鉄骨建築資材事業と配管資材事業の2つを柱として展開しています。そのうち鉄骨建築資材事業では、全国約50ヶ所に営業所を設け、高層ビルや大型商業施設、工場などの建築物に必要不可欠な鉄骨資材を、ハウスメーカーや鉄骨ファブリケーターと呼ばれる鉄を加工する建設会社に向けて販売しています。この分野ではリーディングカンパニーとしての地位を確立しており、商社としてだけでなく、メーカーとして自社工場で自社ブランド商品も製造しているのが特徴です。といっても皆さんにはあまりピンと来ないかもしれませんが、意外に身近なところで私たちの商品を目にしたことがあるはずです。例えば学校の体育館や駅のプラットフォームの天井に鉄製のX字型の建築資材が使われているのを見たことはありませんか。それが当社の「フルブレース」という耐震用構造部材です。建築物を地震から守るために使われる資材で、業界でいち早くJIS規格を取得し、圧倒的なシェアを誇ります。その他、建築物を地盤とつなぎ支えるアンカーボルトをはじめ、鉄骨同士を接合するハイテンションボルトなど様々な製品を取り扱っています。
もう一つの柱である配管資材事業は、2003年に立ち上げた事業です。水道管やガス管、空調設備に必要なパイプ、バルブなどを、建物の配管工事を手がける配管プラントメーカーに販売しています。

株式会社ジーネットは、モノづくりには欠かせない機器工具や機械設備をはじめ、住宅設備機器、防犯機器・監視機器など、幅広い商品を提供する専門商社です。のべ20万アイテムを超える商品を取り扱っており、製造現場のニーズに応じてメーカーから仕入れ、各地域の販売店を通して、自動車・航空機・食品・建築などあらゆる業界のエンドユーザーへと提供しています。東京・名古屋・大阪に物流センターを構え、迅速なデリバリー体制を確立しているのが特徴です。

大きなやりがいが実感できる仕事です。

My work -先輩たちの働く姿- 大型店舗の建設現場を見学し、自分が納めた商品が多くの人たちの安心・安全を支えていることを実感。

私は入社後2年間にわたり茨城営業所で営業を担当していました。数多くのお客様に商品を提案したなかで、一番印象に残っているのは入社1年目の終わりごろに携わった商談です。ある日、先輩から引き継いで担当となった建設会社様が、大手家具量販店の店舗の鉄骨の製造を手がけることになったという情報をキャッチしました。さっそく担当者である常務を訪ね、必要な資材や納期を伺いました。その後も毎日のようにお客様の元へ足を運び、当社なら大量発注にも対応できること、お客様の希望されるスケジュールで納品できることなどをお伝えし続けました。その結果、ハイテンションボルトをはじめ、かなりの金額の鉄骨資材を受注することができたのです。もちろん要所要所で上司や先輩に同行してもらうなど、しっかりとフォローしてもらったおかげですが、私にとっては初めての大型受注だったので決まったときは嬉しかったですね。

そして納品後、自分が提案した建築資材がどのように使われているかを自らの目で確かめたいと思い、お客様にお願いしてその大型店舗の建設現場を見に行きました。建設中の店舗には当社の耐震用建築資材などが取り付けられており、自分が納めた商品が多くの人たちが安心して安全に買物を楽しめる店舗づくりに役立っていることを確認できました。そんな重要な役割を果たす鉄骨建築資材を取り扱っていることに誇りを感じると共に、営業という仕事に大きなやりがいを実感できた出来事です。

新事業にも積極的に挑戦しています。

Our Vision -戦略・ビジョン- システムインテグレーター事業など新事業を積極的に推進中。工場の生産性向上に向けた取り組みも進めています。

フルサトグループでは将来に向けて、現在様々な戦略を推進しています。その一つが新事業の展開です。例えばジーネットでは、新ビジネスとしてシステムインテグレーター事業を推進しています。今は商社として機器や工具単体での販売が中心ですが、今後は人手不足や人材確保に悩む中堅・中小企業のお客様に対し、産業用ロボットなどのシステムやネットワークによる生産自動化を提案していきます。その一環として2016年3月に産業用ロボットメーカーと業務提携を行い、株式会社ロボットテクニカルセンターを設立しました。また、ネットワークやセキュリティに関しても、2016年11月に監視カメラシステムやアクセスコントロール機器の提案・販売を行う株式会社セキュリティデザインをグループ化しました。これらの会社と連携し、システムインテグレーター事業の拡大を目指します。

また、フルサト工業では2016年から生産性向上に向けた取り組みに力を入れています。具体的には全国に10ヶ所ある工場に自動ラインを導入し、限られた人員で効率良く製品を生産できる仕組みを確立しました。そして事業の柱の一つである配管資材事業においては、さらなる売上拡大を目指し、営業体制を強化し、新規営業所の開設を進めています。これまで当グループは安定して手堅く事業を展開し、盤石な経営基盤を築いてきました。しかし今後は必要ならばM&Aを行うなど、積極的に新事業を開拓していく考えです。