• Profile
  • 氏名:谷口 理沙

    職種:人事

    入社:2013年4月

    部署:人事部人材開発担当

  • 2013年、紀陽銀行入行。北花田支店(堺市)へ配属となり、融資課で融資判断のスキルを磨いた後に、営業課へ。約1年間、法人・個人を問わず幅広いお客さまを担当。2015年10月、人事部人材開発担当へ異動となり、現在は新卒採用やインターンシップの企画・運営を担当している。

Our businesses -会社を知る- 創立120周年を迎え、大阪エリアへも積極的に進出しています!

当行は1895年に設立され、2015年5月に創立120周年を迎えました。和歌山県唯一の地方銀行としての役割は当然ながら、早くから大阪エリアに進出し、今では、大阪・和歌山の地元地銀として、その存在感を高めています。

2013年には上本町支店(大阪市天王寺区)、八戸ノ里支店(東大阪市)、2014年には富田林支店(富田林市)、2015年12月には江坂支店(吹田市)を順次オープン。大阪エリアへの進出をますます加速させています!

当行の強みは、「人」と「人」との関わりを大切にしたコンサルティング型営業。お客さまが抱える課題を一緒に考え、解決していく良きパートナーとして、お客さまの期待をこえるべく、さまざまなご提案を行っています。

育休後の職場復帰支援も充実しています。

People and culture -働きやすい職場- 柔軟なキャリアプランが立てられる環境が整っています。

当行は、「総合職フリーコース」「総合職エリアコース」「CA職コース」のコース別採用を行っており、私は「総合職フリーコース」を選択しました。女性支店長をはじめ女性の先輩たちの活躍ぶりや、女性が働きやすい環境が整っていることを知って、迷うことなく、このコースを選びました。

とくに人事部に異動して以来、女性の活躍や働きやすい環境についてより実感しています。たとえば、育児休暇は最長1年6ヶ月取得することができ、多くの女性行員がこの育児休業を活用しています。
また、育児休業からスムーズに職場復帰する際のサポートとして「職場復帰前研修」を実施したり、育児に携わる女性行員と仕事と家庭の両立や育児に関する意見交換を行う「カジュアル・ミーティング」も行っているので、安心して職場に復帰することができます。

他にも、当行は、コース転換制度を導入しています。「CA職コース」から着実にステップアップし、「総合職エリアコース」で活躍している行員や今では「総合職フリーコース」へ転換し活躍している行員もいます。

結婚や出産などを経験しても仕事を続ける環境が整っているなど、その時のライフプランに応じて柔軟にキャリアを描くことができるのも当行の魅力の1つです。

大阪東部、北摂エリアへも積極的に進出しています。

Our Vision -戦略・ビジョン- 若手が重要なポジションで抜擢され、活躍の場が広がっています。

当行は120周年を迎え、過去から培ってきた伝統を活かし、さらなる飛躍を目指しています。私が入行してから3年間だけでも、新店舗が次々とオープンし働くフィールドはさらに広がっていると実感しています。

入行後、配属となった北花田支店では営業の仕事も経験しました。営業活動をしてみると、お客さまから頻繁に声をかけていただく機会があり、想像していた以上に知名度があると感じました。実は北花田支店は、私の生まれた年と同じ年にオープンしています。先輩たちが20数年かけて、当行をこのエリアに根付かせてくれたんだと、とても心強かったです。
このように堺エリアをはじめ、南大阪エリアでは、おかげさまで地域の銀行としての存在感をしっかりと持っています。現在は、大阪市内エリアを中心に出店を加速し、紀陽銀行のブランド力をさらに浸透させています。

そんな中で、私たち若手も重要なポジションで仕事を任されています。若いうちからいろいろなことが経験でき、活躍できるステージが広がっています。
これからも、「人」を大切に考えてきた行風を活かしながら、ブランド・スローガンである「銀行をこえる銀行へ」を目指して、新たな展開を進めていきます。

多様な教育制度が整っています。

Education -この会社で身に付くこと- 学びの文化を培うために、教育制度が充実しています。

「人」を大切にしてきた当行では、学びの文化を培おうと教育にも力を入れています。

まず、入行後1年間、新入行員研修が行われます。単なる座学ではなく、OJT、つまり実務に近いかたちで研修を行うところが、大きな特徴です。
たとえば、上司や先輩がお客さま役となり、さまざまなシチュエーションを想定して、顧客応対を学びます。私も受講しましたが、研修で学んだことを、翌日の仕事ですぐに活かすことができます。いろいろな場で「こういう状況も研修で学んだ!」と、落ち着いてお客さまと会話を行うことができました。
また、現在の仕事内容に応じた「業務別研修」や、課長(管理職)や支店長(経営職)向けの「階層別研修」などさまざまな研修が用意されています。

他にも、証券アナリストや中小企業診断士など公的資格を取得した際の奨励金制度もあり、また、多様な学習コンテンツをインターネットを通じて自由に利用できる自己啓発支援システムも導入しています。キャリア支援制度が充実した当行では、さまざまなスキルアップに積極的に取り組むことができます。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社紀陽銀行

業種 銀行・証券
事業内容 紀陽銀行の強みである営業店と本部コンサルティング・セクションの連携による高度なリレーションシップバンキングを活かし、『攻めの経営』を展開しています。大阪エリアに約200名の営業戦力を投入したほか、平成25年には上本町支店・八戸ノ里支店、平成26年には富田林支店がオープン。平成27年12月には江坂支店(吹田市)をオープンさせ、大阪エリアへの進出をさらに加速させています!
また、専門性を有する人材の育成にも力を注いでいます。『ピクシス営業室』では、M&A、海外進出支援等、各分野の若きスペシャリストが活躍しており、地元企業のピクシス(羅針盤)となるべく、経営課題の解決や新たなビジネスの創造に向けた提案を行っています。他にも、大阪エリアに設置されている『法人新規開拓室』では、入行2~3年目程度の若手行員が中心となり、大阪エリアの新規顧客の開拓を行っています。優良企業との取引開拓活動を通じ、法人営業のスキルが高まり、ここを卒業した行員が各営業店の主力となっています。
120周年を迎え、紀陽銀行のブランド・スローガンである「銀行をこえる銀行へ」を目指し、ますます強力な展開を進めてまいります!
Webページ 企業ホームページ
設立(年・月) 1895年5月
代表者名 松岡 靖之
資本金 800億9,675万円
上場データ 東証一部
売上高 3兆8,397億円(預金残高)、2兆6,681億円(貸出金残高)
従業員数 2,261名
従業員平均年齢 ※非公開
本社所在地 和歌山県和歌山市本町1-35
勤務地
(都道府県)
東京都, 大阪府, 奈良県, 和歌山県

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!