• Profile
  • 氏名:板倉 孝次

    入社:1990年

  • 歯科医を目指して大学へ進学。その後、ビジネススクールを経て1990年に株式会社アサヒディードに入社。用地の買い付けから銀行との交渉、現場でのトラブル対応まで1人でこなす創業者の父親、人材育成に注力し安定経営の基盤を築いた先代社長(現会長)の兄、2人のDNAを受け継ぎ、「小さくても強い組織づくり」に尽力。自身の入社年からはじまった新卒採用を途切れさせることなく人材育成・社員教育への投資を続け、2017年に設立50周年を迎える。

Our businesses -会社を知る- 創業の精神を受け継ぎ、人材育成・社員教育に力を注いでいます。

創業者は今から72年前、醤油を醸造する工場をはじめました。戦後間もなくの物のない時代だったので最初はよく売れたらしいのですが、大手企業の安価な醤油が出回りはじめると売れなくなった。当時、娯楽がない中でできはじめていたパチンコ店へと商売を替え、数店成功させます。その後、昭和42年に今の生野区に、ボウリング、スケート、プールを備えた複合レジャー施設「アサヒスポーツセンター」をつくりました。それまでは個人商店でしたが、同名の会社を設立し会社組織になりました。これが、『アサヒディード』のはじまりです。
当時はボウリングがブームだったため、次から次に人が押し寄せるように流行ったそうです。しかし昭和48年のオイルショック直後にボウリングブームが去り、借金を抱えることになります。はっきりした数字は残っていませんが、当時のお金で11~12億円、今で言うと100~150億円くらいをかけてつくった施設なので、たった6年では回収できなかったと思います。ですが創業者は、借金まみれの中でも、翌年にはロードサイド型のパチンコ店をオープンさせます。それが、現在のイル・サローネ東住吉店です。当時の常識では考えられない2階に店舗があったのですが、非常に流行ったそうです。その後もロードサイド型の店舗を増やす計画がありましたが、創業者はその約3年後に58歳で亡くなりました。パチンコ店以外にもリゾート施設をつくりたいと小豆島に土地を買ったり、牧場をつくりたいと韓国に山を買ったり、壮大なビジョンとチャレンジ精神を持った企業家精神の塊のような人でした。
2代目の社長(現会長)は、全く違うやり方をしました。創業者は何もかも自分でやるブルドーザーのような人だったので、社員は社長の指示待ちで、人が育たなかった。そういう創業者を見ていたため、人材がいないとダメだと思いました。事業としては、昭和55年にサンキョーさんのフィーバーというヒット機種が出て、売上が3倍になりました。技術革新が進んで産業として発展した時代です。ただ、業界のイメージが悪く人が集まらなかったため、それぞれが個人としては儲かっていましたが、業界としては低迷していた時代と言えます。
当社はそんな中、関西の業界では初めて27年前に新卒採用に踏み切りました。安定成長していくためには人に投資し、社長よりも優秀な専門家を育成しなければいけないと考えたからです。そこからリーマンショックのときも就職氷河期のときも、人材・教育への投資を継続してきました。そういったときに採用した人材が今、活躍してくれています。

People and culture ‐働きやすい職場‐ 余暇の時間を充実させることで、暮らしの豊かさに貢献したい。

創業の精神は、「信用構築 永続発展 変化即応」です。「信頼構築」は、たとえば借りたお金は、絶対に条件変更を行うことなく期日に返すということ。創業者は、間に合わないから期日を延ばしてください、利息を安くしてくださいということは絶対にしませんでした。そして、ビジネスにおいてスピーディーな判断・展開は不可欠です。ダメだと思ったら切り替えてすぐに次へ行く、「変化即応」です。現在当社は堅実な経営をしていますが、それはずっと続くわけではなく、過去の挑戦の結果として今があります。最初にリスクをとって投資をして、失敗もしながらビジネスの種を見つけて磨きをかけていくのが1つの成功パターンですが、そのビジネスモデルの賞味期限がある間は堅実な経営をしていればいい。ですが、賞味期限が切れたら新たなビジネスモデルを見つけていかなければいけません。そこで必要になるのが、企業家精神と挑戦です。それをしっかりと繰り返すことで、「永続発展」していけます。1つのビジネスモデルの寿命は30年と言われます。1人の経営者の寿命とも言えますが、次につなげられずに終わってしまう企業がほとんどです。それを50年、100年と続けていくためには、企業家精神を忘れてはいけないと思います。
経営理念は、「より多くのお客様に喜ばれる娯楽を通じて豊かな暮らしを実現します」です。高度成長期の日本は、時間を犠牲にして物をつくり、豊かな暮らしを実現してきました。物を所有して豊かさを感じてきたのです。時代が変わり、物の所有では暮らしを充実させられなくなってきました。人生において、時間が大切になってきます。時間は仕事とプライベートに分けられますが、プライベートの時間はまた、自己啓発と余暇つまりリラックスする時間に分けられます。それぞれの時間が大切で、リラックスする時間を充実させることで仕事の時間にも活力が生まれますし、余暇の時間があるから自己啓発もできます。この余暇の時間を充実させることで、暮らしの豊かさに貢献したいというのが、遊びを提供する事業を展開してきた当社の設立当初からのコンセプトです。

People and culture ‐働きやすい職場‐ 主体性を持った人が活躍の場を広げていけます。

当社が求めるのは、「主体性を持って自分で仕事をつくれる人」です。モチベーション高く仕事をすると、アウトプットが全然違ってきます。それが、良い仕事です。人は自分のやりたい仕事であれば工夫するし、その仕事の発注元である上司や取引先へより満足のいくものを提供したいと思います。誰かに指示された仕事、目的も知らされずただ上から下りてきた仕事を主体性を持たないままにしても充実感は得られにくく、成功体験もありません。成功体験がないと、次の挑戦にもつながらない。上司から仕事を奪うくらいに自分から仕事を取っていかないと、なかなか成長にはつながらないものです。そのスタンスで仕事ができると、周りから注目されるようになり、さらなる仕事をも任せてもらえます。自分で仕事をつくれる人は、周りを巻き込んでチームもつくれるので、ずっと良い仕事ができると思います。
スティーブン・R・コヴィー博士の著書「7つの習慣」を社員教育のベースとしていますが、その1つ目が主体性です。第一の習慣がないと、その先の第二、第三の習慣は価値を持ちません。自分で決めること、感情に左右されずに正しいと思って行動することが大切です。自分に対してした約束を守ることで、人生が変わっていきます。それができる人を育てたい、一緒に働きたいと思います。

Corporate value ‐私たちの強み‐ 誰が言ったかではなく、何を言ったか。新人にこそチャンスがあります。

当社は堅実な企業と言われており、それが強みであると私も社員も自覚しています。無理な出店はせず着実に一歩一歩やってきたために、財務状態が非常に健全です。
また、社員に当社の強みを聞くと、人材だとみんなが言います。そこは、学生さんや取引先さまが、当社の店舗や本部に来て従業員と会って、どう感じるかが大切かと思います。「ここのお店は活気があるね」「スタッフの感じがいいね」といったことを多くの方から言ってもらえる会社になれたらいいなと思っています。消費者の頭の中にあるイメージがブランドの価値だと思うので、こちらから「人材が強みです」と言わなくても、それを言ってもらえる、評価してもらえるようになればいいですね。ここがゴールというものはなく、取り組み続けていかなければいけないと思います。
ある同業者の話ですが、幹部の研修を有名な外部の講師にお願いした際、最初に「ここにはパチンコ屋さんがたくさんいますね」と言われたそうです。どういう意味かと言うと、「あなたたちはパチンコ業界では優秀かもしれないが、世の中にはもっと多くの素晴らしいビジネスパーソンがいる、現状に満足せずに外を見なさい」と。当社も店長研修をお願いしている講師ですので、その言葉は突き刺さりました。我々が思っている強みは、他業界から見ればたいした強みではないかもしれない。目標は、他業界から見ても「アサヒディードの従業員はすごい」「イキイキしていて一体感があるね」と言ってもらえるような、差別化できる組織です。
人は自らの経験を通して成長していきます。その機会を与えてもらえる会社だと、ありふれているかもしれませんが、やる気があれば成長できる会社だと言えます。新入社員にもチャンスはあります。どんどん変化する社会、マーケットに一番近いのは、やはり若い人たちです。現場の若い人たちが、いま消費者が何を感じているのかを知っているので、その意見を吸い上げていきます。誰が言ったかではなく、何を言ったか。職位や経験ではなく、何か新しいことにつながるアイデアや提案があれば、尊重していきたいですね。いろんな個性の人が入社してくれて、個性を生かしながら正しいと思ったことは言える、いい意見を採用していけるような、他社にはない魅力が当社にはあると思います。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社アサヒディード

業種 レジャー・アミューズメント
事業内容 アミューズメントホールの運営及びプロデュース、飲食店経営、コンビニ経営
Webページ 企業ホームページ
採用ページ
代表メッセージ
設立(年・月) 1967年11月
代表者名 板倉 孝次
資本金 1億円
上場データ 未上場
売上高 361億円
従業員数 505名
従業員平均年齢 30.8歳
本社所在地 大阪府大阪市中央区本町2-1-6堺筋本町センタービル11F
勤務地
(都道府県)
大阪府, 兵庫県

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!