逆求人型就活サイト・就職情報サービス  |  JOBRASS新卒(ジョブラス)

企業からオファーを受けとろう!新規登録はこちら

JOBRASSとは

ログイン

ログインID

パスワード

  • facebook
  • twitter
  • yahoo

5分でわかる「就活プロフィール」 経営者・人事担当・先輩のインタビューが読める!JOBRASSインタビュー 就活用語辞典 ジョブラス公式Facebook ジョブラス公式Twitter アイデムカップ フットサル大会 ジョブラスポイント 採用をお考えの企業様

  • Profile
  • 氏名:堤 優季

    入社:2016年11月

    部署:UTテクノロジー株式会社

  • もともと動物好きだったため、農業高校の畜産科を卒業後、トリマーの専門学校に進学。
    専門学校時代は授業というよりもひたすら実践の日々で、ほぼ働いているような状態で毎日犬のトリミンングなどを行う。卒業後は動物に関わる仕事には就かず、高級靴店の販売員に。
    その後ホテルのフロントスタッフ、JRの駅員と、約十年間にわたり販売・接客の仕事に携わる。
    理系とは無縁だったが、ゲーム好きとプログラミングへの興味から軽い気持ちでこの業界にチャレンジ。現在は、3DCADチェックの仕事に従事している。

What I d o -こんな仕事をしています-

クライアント先で3DCADのチェックのお仕事をしています。具体的には、専用のCADでメーカーさんがつくった3Dの構造が使用する際にもしっかり成り立つかかどうか?ということを確認しています。

主に自動車の部品を3D上でチェックしているのですが、一つのやり方を覚えてそれを繰り返すのではなく毎回パターンが微妙に違ってくるので、本当に日々試行錯誤の繰り返しですね。たとえば大元のパネルの設計が変わるとそれにあわせて検査する構造や中の部品も全部変わってくるので、その都度自分の頭で考えて適切に対応していかなければならないんです。

その他にも、日々予想外のことがたくさん発生しますが、だからこそ楽しいと思っています。
違う方法で試したり別の角度から物事を見るという勉強にもなりますし、経験を積むほどいろいろなパターンが見えるようになって精度も上がっていくと思っているので。今は着実にステップアップしているという実感があります。

それから現場では、メーカーさんとやり取りする機会もかなり頻繁に発生するので過去の接客経験が生きていると思うこともありますね。技術職だと黙々と一人で仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、やはり一つのモノが完成するまでにはチームワークがとても重要になってくるので、チーム内でのコミュニケーションは絶対に欠かせません。そういった意味でも過去の経験が糧になっていると思いますし、「文系ならではの強みなのではないか」とも思っています。