• Profile
  • 氏名:中嶋 和義

  • 1972年、大阪の料亭「中村」にて行っていた日本料理の修業を終え、近江八幡に帰郷し、「有限会社ひょうたんや」の二代目社長に就任する。1988年、姉妹店「ひょうたんから駒吉」を開業。1996年新社屋を建築、「株式会社ひょうたんや」へ移行。2003年には京都烏丸四条に「つゆしゃぶCHIRIRI」を開き、2007年には「株式会社ちりり」を設立した。その後、地元・滋賀県をはじめ、京都・東京に「京都つゆしゃぶCHIRIRI」を展開。今後は日本全国の政令指定都市や、海外を含めたより広範囲への出店を計画している。

Our businesses -会社を知る-根柢にある想いは、高級料亭の味やサービスなどのクオリティはそのままに、日本料理を気軽にひとりでも多くのお客様へ。

「多くのお客様に、気軽に日本料理を楽しんでいただきたい」。創業当時から私たちひょうたんやが変わらずに持つこの想いを実現すべく、当社のメイン商品である「つゆしゃぶ」を武器にしたフランチャイズ(FC)の展開や、大手企業とのジョイントビジネスを実行しています。また、オリジナル商品である『つゆしゃぶ』と、ひょうたんや発祥の地である近江八幡の名産『近江牛』を広めるため、2020年には現在お店を構える京都・滋賀・東京に加え、札幌・仙台・名古屋・神戸・福岡にも展開し11店舗、2025年には海外にも飛び出し、シンガポール・ニューヨーク・上海・香港パリに出店、計16店舗となる予定です。この積極的な店舗展開を支えるのは、人財。2017年度現在の従業員数は、96人ですが、店舗数と比例するように2018年度には110人、2019年度には120人へと増員していく計画を立てています。売上高も順調に推移しており、2018年度には14億円に達すると予測していますが、決して夢物語ではないのです。
日本料理を提供する店舗運営を事業の主軸としながら、料理を提供するだけの範囲に留まらず、さまざまな領域に視野を広げ、成長著しい私たちひょうたんや。そんな当社には、無限に広がるビジネスチャンスと事業領域があります。「常にお客様のために」の想いを胸に、ぜひ、飲食業界の新しい可能性にチャレンジする私たちの仲間になってください。

People and culture -会社の雰囲気・環境- 和食の世界を変えるため、社員みんなが何でもできる会社にしていく。

皆さんは、「日本料理」に対しどのようなイメージをお持ちですか?「料亭」「懐石料理」など、お正月やお盆といった特別な日、いわゆる「ハレの日」に食べる高級な食事で、敷居の高さを感じられているかもしれませんね。しかし、「日本料理」は「懐石料理」とイコールではありませんし、「これはこうだから」とお客様に押し付ける料理でもありません。日常的に食するカツ丼やたこ焼だって立派な「和食」であり、「日本料理」なのです。
私たちは、このまま「日本料理」への既成概念や固定観念に捉われ続けていると、昔ながらの封建的な「料理人」や「仲居さん」が時代に合わず、後継者不足に陥ると思っています。また、かつてのように接待に高額な経費を掛ける企業も少なくなるなど、お客様のニーズという面からも日本料理の業界が置かれている状況は厳しさを増す一方です。徐々に日本料理の業界全体が衰退の一途を辿る姿が目に浮かんできてしまいます。
しかし、「日本料理」は世界的に人気を集める食文化であることに変わりはありません。かつて日本人がフランス料理に憧れたように、現在では世界中の人が「日本料理」に羨望の眼差しを向けています。2013年に「和食」が無形文化財に登録されたことにより、その傾向に拍車がかかってきました。私たちは、この大切な文化のために未来を見据えた変革に取り組んでいく必要があると考え、「日本料理の世界の考え方や風習」をお客様とのふれあいの中で一つひとつ現代的に改革することに着手しています。料理長に下げ物も、洗い物もさせていますし、以前は料理人しか入れなかった厨房にホールスタッフが入るなど、厨房とホールの垣根をなくし、一人ひとりが任された仕事だけでなく、広く目を配って多彩に活躍できるオペレーションシステムを創り出しました。
当社独自の制度・仕組みの構築により育まれている社員の想いや自主性を最大限に発揮できる環境こそが、私たちの最大の強みであり、常に予約で満席になる店づくりの源となっています。

We are looking for people who… -私たちが求める人材-独創的なのは料理だけではありません。働く環境も時代に合わせて変化している。

私たちひょうたんやは、2019年で創業70周年を迎えます。そんな私たちが求めている人材は、食べること、人を喜ばすこと、稼ぐことが好きな方、ハキハキとした受け答えができ、粘り強く頑張れる方、チャレンジ精神旺盛で行動力のある方、そして何より身の回りの整理整頓や掃除、あいさつが大きく元気な声でしっかりできるなど、当たり前のことを当たり前にできる方です。
もちろん、私たちが求める皆さんに来ていただけるよう、前述の通り、老舗の料理店のノウハウを受け継ぎながら、新たな人事制度とオペレーションを開発しました。飲食業界では珍しい「完全週休2日制」の導入や、一般的な飲食店では書き入れ時とされる年末年始もお休みなど、業界に先駆けて働きやすい環境づくりも次々と進めています。
日本料理という世界には、まだまだチャレンジすべき可能性があふれています。「飲食業界に歴史を刻みたい」「日本料理をもっと変えていきたい」そんなあなたが抱く熱い想いをひょうたんやで実現してください。あなたの力をひょうたんやに預けてください。現在、取締役は女将と私の2人ですが、今より5人増やしたいと思っています。少人数でスタートした当社も、今では社員だけでも約80名、全従業員約120名を数えるまでに成長しました。年齢や性別、社歴に関係なく誰にだって、極端に言えば新卒1年目でも平等に取締役になれるチャンスがあります。ぜひ、私たちと一緒に、世界に通用する和食を生み出し、日本一の日本料理店を目指していきましょう。

People and culture -会社の雰囲気・環境-まったく新しいお料理「つゆしゃぶ」を武器に店舗を拡大し、100年続く企業へ!

会社的にも、私個人としても、「日本料理」を誰もが知るスタンダードなメニューへと普及・成長させていくことを目指し、日々、目の前にある仕事と向き合っています。常にお客様により喜んでいただくため、「来て良かった」「また来たい」とお客様がお店を出るときに思っていただくため、大切なのは、「お客様が求めるもの」を把握し続けることです。世界に認められた「日本料理」の伝統を守りつつも、独自に考案し、開発した「つゆしゃぶ」という新しい食文化を広めて行きたいと思っています。
こうした私たちの姿勢をお客様に評価いただき、創業の地である滋賀・近江八幡だけでなく、東京や京都といった店の資質が最も厳しく試される土地においても認められるまでになり、現在、東京・関西と数えて計6店舗出店し、フランチャイズ(FC)展開のモデル店である2007年開店の東京の虎ノ門にあるお店を入れると7店舗になります。
今後 5年、10 年で、先人の近江商人がてんびん棒を担いで渡った道筋にならい、京都室町、東京京橋、さらに、日本全国の政令指定都市はもとより、発展著しいインドや中国といった海外への出店も計画するなど広いエリアへ進出し店舗数を拡大することを目標に掲げています。将来的にはアジアを抜けヨーロッパに渡り、アメリカ本土にお店を出すことを夢に、100年続く企業の仲間入りを果たしていく所存です。
ひょうたんやを取り巻く環境は創業当時から大きく変わりましたが、当時の想いは一切変わっておりません。「本格的な日本料理を、広く一般の方々に気軽に楽しんでいただきたい」。これまでも、これからもこの想いを軸に、従来の日本料理界が足を踏み入れてこなかったビジネス領域にチャレンジしていきます。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社ひょうたんや

業種 レストラン・フード
事業内容 日本料理、つゆしゃぶを中心とした飲食店の運営・プロデュース。
●日本料理 ひょうたんや
●京都つゆしゃぶCHIRIRI
●つゆしゃぶ駒吉
Webページ 企業ホームページ
設立(年・月) 1949年7月
代表者名 中嶋 和義
資本金 1,000万円
上場データ 未上場
売上高 8億円  ※2016年6月期
従業員数 70名
従業員平均年齢
本社所在地 滋賀県近江八幡市鷹飼町560-1洗心ビル
勤務地
(都道府県)
東京都, 滋賀県, 京都府

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!