逆求人型就活サイト・就職情報サービス  |  JOBRASS新卒(ジョブラス)

企業からオファーを受けとろう!新規登録はこちら JOBRASSとは

ログイン

ログインID

パスワード

  • facebook
  • twitter
  • yahoo

5分でわかる「就活プロフィール」 経営者・人事担当・先輩のインタビューが読める!JOBRASSインタビュー 就活用語辞典 ジョブラス公式Facebook ジョブラス公式Twitter アイデムカップ フットサル大会 ジョブラスポイント 採用をお考えの企業様

  • Profile
  • 氏名:田中 勇喜

    職種:コンサルタント

    入社:2015年4月

    部署:ビジネスプロセスコンサルティング1部

  • 4年制大学・経済学部卒(24歳)。大学ではバンドサークル・スポーツサークルに参加したり、アルバイトでビジネスホテルのフロント業務に携わるなど、多くの人と出会い、人と人のつながりの中から大切なことを学ぶ4年間を送る。入社後は持ち前のコミュニケーション力を発揮し、金融分野のバックオフィス業務を一つひとつ吸収しながら、金融ITコンサルタントを目指す毎日。将来的には、営業的なポジションで、「アウトソーシングプロジェクトの立ち上げから携わり、お客様の業務課題を解決する」という目標を描き、高い成長意欲をもって業務に取り組んでいる。

What I do -こんな仕事をしています- 想像以上に研修制度が整っており、文系の私もスムーズに仕事をスタートできました。

私は文系出身で、パソコン操作もインターネット閲覧・メール・表計算ソフトの基本操作ができるくらいでした。でも当社には、そんなITスキルの私でも一から学べる研修制度が整っていたんです。
入社後は1週間、ビジネスマナーを学んだ後に、専門分野の基礎を学ぶ研修へ。4ヶ月間かけて、「パソコンがどんな風に動いているのか?」というハード面の基礎知識から、プログラミング演習まで、「座学」と「演習」を繰り返しながらソフト面の基礎を身に付けました。
プログラミング研修で取り上げられた言語が、プログラムの原理を理解するのに適したC言語であったこと。また、研修担当の先輩社員が、一つひとつの結果に対して「なぜこうなるのか?」と仕組みから教えてくれたこともあり、文系の私にもわかりやすかったです。初めて自分が作成したプログラムが動いた時には、ちょっと感動しましたね。
研修後は、金融向けのビジネスコンサルティングを行う部署に配属となり、投資信託の運用会社が行うディスクロージャー(注1)業務を担当することになりました。配属後にまず携わったのは、投資家向けのレポーティングシステム(注2)の開発業務です。先輩の指導を受けながら、投資信託のバックオフィス業務を一つひとつ覚えていきました。現在はデータの受け渡しおよびレポートの資料作成・出力に携わっています。
この仕事の面白いところは、お客様と直接やりとりし、投資信託に関する知識も付くことです。また、常にお客様の立場で物事を考え、行動に移すことで、「状況把握力」「コミュニケーション力」といったコンサルタントに求められる資質も養えます。

(注1)ディスクロージャー:投資家や取引先などに対し、経営情報を開示することを指します。
(注2)レポーティングシステム:投資家や取引先などへの情報開示をつかさどるシステムのことを指します。

アットホームな雰囲気に魅かれました。

My choice -この会社を選んだ理由- サークルの先輩と話すみたいに、ざっくばらんに話せた会社説明会でした。

金融×ITに軸足を置いたコンサルティング会社であること、頑張り次第で収入アップの可能性がある評価体制など、当社に興味を持ったポイントはいくつかありました。でも、最終的に入社の決め手になったのは「明るくて人間味のある会社全体の雰囲気」でした。
私は大学でバンドやスポーツサークル、接客アルバイトなどに熱中し、人と接するのが好きだったこともあり、人とのつながりを大切にする会社で働きたい気持ちがありました。そういった点で、私の理想に近い会社だったんです。
実は、会社説明会に参加するまでは「金融分野なので堅い会社なんじゃないかな」という思い込みがありました。ところが、会社説明会で、社長や先輩と直接話す機会があり、そこで会社の部活動に関する写真を見せてもらい、社長がジムに通う部活に参加していることを聞いたんです。社長が新人と一緒に汗を流していることを知り、「社長と社員の距離が近くて雰囲気が良さそうだ」と思いましたね。
また先輩社員も非常にフランクな人ばかりで、「仕事は大変ですか?」「他にどんな部活がありますか?」など、知りたいことを気軽に質問できました。親しみやすい先輩社員と接し、入社後に楽しく働く自分をイメージできたんです。

文系出身でも活躍できそうな気がしました。

My choice -この仕事を選んだ理由- システム開発の仕事に対するイメージが、がらっと変わりました。

私は学生の頃にIT関連の勉強をしてきたわけではないので、システム開発の仕事に対して少し誤解がありました。というのは、システム開発はずっとパソコンの画面に向かって、システムの一部分のプログラムを書く仕事だと思っていたのです。だから会社説明会で具体的な仕事内容を聞いた時に、自分がイメージしていたのとはまったく違うと思いましたね。
当社のシステム開発は、金融業界のお客様の業務に深く入り込み、「業務課題をどのようにシステムで解決するか?」という打ち合せからスタートします。そして、仕様の設計、プログラム、テスト、リリース、導入後の検証まで一貫して携わり、ビジネスプロセスのコンサルティングを行います。自分が手がけた仕事がお客様の業務改善につながり、システムづくりはもちろんのこと、ITコンサルティングに関する幅広い知識も身に付くことを知り、興味がわきました。
さらには仕事の流れをわかりやすく図で見せてもらい、「システム開発は、物事を論理的に進めるプロセスや、お客様の悩み・要望を引き出すコミュニケーションが大切」と聞き、人と接するのが好きな自分が活躍しているイメージがわいたことも大きかったです。

部活動は良い交流の場になっています。

People and culture -働きやすい職場- 仕事には集中し、休みは思いっきり遊ぶ。そんなメリハリがある会社です。

会社の人たちとは仕事以外でも交流が盛んです。特に部活動が活発で、社内には10以上の部活動があります。私はテニス、バンド(ボーカル担当)、ダンス、バスケなど4つに参加しています。また、部活動ではありませんが、冬にみんなでスノーボードに行ったことも。なんと30人近く集まり、趣味の集まりを超えて団体旅行に近かったですね(笑)。入社した年の5月には駅伝に参加し、取締役の人たちと組んで一緒に走ったこともあります。このように部活動やイベントなどの交流に関しては、話題が尽きない会社です。
飲み会や社内イベントなどは頻繁にありますが、そうした場では、趣味の話や人生相談など、仕事に直結しない話がほとんどです。でも心を開いて会話することで人間関係が深まり、仕事上でもプラスに働いていると思います。
社歴や年代を越え、仕事を離れれば親しい友人のようにつきあえる。私はそんな「人」が中心にいる会社の社風が大好きです。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社パワーソリューションズ

業種 ソフトウエア・情報処理・ネット関連, コンサルティング・調査
事業内容 ○Financial IT Consulting/金融ITコンサルティング
豊富な金融業務知識を備えコミュニケーションもスムーズ。
お客様の実情に応じたコンサルテーションを提供します。

○Application Development/アプリケーション開発
アプリケーションソフト開発やネットワーク構築など、さまざまなシステム開発を行います。

○Financial Business Consulting/金融ビジネスコンサルティング
アウトソーシング/常駐保守などを、お客様のご要望に応じて提供します。
Webページ 企業ホームページ
設立(年・月) 2002年1月7日
代表者名 佐藤 成信
資本金 7,491万円(別途資本準備金 5,491万円)
上場データ 未上場
売上高 24億6,657万円(2015年12月期)
従業員数 169名(契約48名 バイト7名)2017年1月現在
従業員平均年齢 37.2歳(2016年12月現在)
本社所在地 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエア イーストタワー15F
勤務地
(都道府県)
東京都

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!