• Profile
  • 氏名:西 佑介

    入社:2016年

    部署:IR部 部長

  • ソフトウェアの設計・開発、システムエンジニアとして社会人としてのキャリアをスタートし、ITに関する知識・技術を磨いていく。次に営業経験を積むべく、外資系企業へ転職し、営業のノウハウを吸収。その際、企業の経営層にアプローチする機会を数多く得たことから、経営全体を考える、事業全体を動かしていく経営企画に魅力を感じるようになり、国内大手通信会社で経営企画に携わった後、2016年6月ジーライオングループに入社した。

Our businesses -会社を知る-事業同士を絡め、ビジネスのフィールドを変え、グループの成長を促す。

ジーライオングループでは自動車事業がグループのキーにはなっていますが、単なる自動車のディーラーではありませんし、自動車関連の会社でもありません。いろいろな企業を複合的、有機的に結びつけようとM&Aを重ね、本業である自動車事業だけでなく、料飲事業やアパレル事業といった他の事業と結びつけつつ、お互いの強みを出しながらグループ全体のビジネスを大きくしていけるのが私たちジーライオングループです。
国内での事業を強化していくのはもちろん、海外事業にももっと注力していかなければならないと考えています。少子高齢化や若者のクルマ離れなどさまざまな要因もあり、国内の自動車市場は今後大きな成長は望めません。いかに本業である自動車事業を海外に目を向けて進めていくか、海外に積極的に取り組んでいくかというところが、これからのグループの課題であり、これからの私たちのビジネスの柱にもしていかなければならないと思っています。引き続き国内事業、海外事業ともに、いろいろな企業と協業を進め、新しいビジネスモデルを作り出していきます。

Corporate value -私たちの強み-料飲、アパレルなどいろいろな事業と結びつけながらビジネスを大きくする。

ジーライオングループの一番の顧客は自動車ディーラーのお客様です。そのお客様にいかに喜んでいただけるようなサービスを提供できるか、いかに生涯顧客になっていただけるかが、ビジネスをやっていく上での私たちの課題であり、目指すところでもあります。さまざまな事業を展開している当グループは、お客様に自動車事業の枠組みの中だけでなく、それぞれの事業が持つ強みを活かした付加価値をつけて、サービスを提供することが可能です。
例えば、自動車成約のプレゼントとして、当グループの料飲事業の旗艦となるレストラン「ジーライオンステーキハウス」にご招待したり、子供服ブランドの「エーキャンビー」のお洋服をプレゼントしたりすることによって、ジーライオングループでモノを買うこと、ジーライオングループのお客様になることによって、よりさまざまな付加価値を享受できることを実感していただき、ジーライオングループでの自動車の再購入につなげています。グループ内に料飲事業やアパレル事業を持ち、その強みを発揮することが結果的にメイン事業の自動車事業に還ってくるのです。
もちろん、料飲事業もアパレル事業も自動車事業の付加価値をつけるためだけに存在するのではありません。一つひとつが柱となり、ビジネスとして成立するように今後も強化していく必要があり、先ほど挙げた「ジーライオンステーキハウス」も成約していただいた方への付加価値としてのプレゼントである一方、お店自体もジーライオングループのブランド価値向上のため、クラシックカーのミュージアムを併設するなど、料飲事業に自動車事業をジョイントする形で両事業の付加価値を高め合っています。

Our Vision -戦略・ビジョン-自動車事業をキーに、スピード感を持って、お客様により高い付加価値を提供する。

ジーライオングループの行動指針のひとつである「WIN-WIN-WIN(ウィンウィンウィン)」。これは、単に自動車を売る、自社の利益だけを追求するのではなく、お客様、ビジネスパートナー様、従業員、会社、みんながいい関係を築き、当社に関わる人すべてが満足、喜んでいただくことを意識しながら取り組んでいます。最終的にこの部分をしっかり実現していかないとビジネスとして大きくなっていかない、成功していかないというのが当グループの考えです。
具体的には、今までの当社の位置付けは、クルマの総合商社でした。これからは、自動車事業をコア事業にした付加価値提供企業を目指してまいります。自動車だけにこだわらず、いろいろな事業でお客様に「WIN(ウィン)」となっていただくような事業を展開し、高付加価値のサービスを提供していきたいと思っています。
また、スピードもジーライオングループ行動指針のひとつで、私も転職する前から「スピード感のある企業だな」とは思っていましたが、入社して改めて、考えてから走るのではなく、走りながら考える会社であることを実感しています。会社全体に「まずトライしてみよう」という雰囲気が非常に強く、トライをして、走りながら微修正したり、方向転換したりしていく。当グループで4社目の私ですが、ここまでのスピード感を体験したことがないので、まだまだ慣れないところもありますが、非常にプラスになっています。

Our Vision -戦略・ビジョン-「縦」も「横」も伸ばし、企業のブランド価値向上に貢献する。

今後の戦略は大きく2つです。「縦」を伸ばすことと、「横」を伸ばすこと、その両方をやっていきたいと思っています。「縦」とは本業である自動車事業でいかに売り上げを上げていくか、同じ業種の企業と新しいシナジーをどう創出し、どうビジネスを加速させていくか、自動車事業とは全く異なった業種とタッグを組み、違った視点でのビジネスをどうつくっていくか、というところがポイントです。「横」はメインの自動車事業でなく、アパレル事業や飲食事業などの異業種のビジネスを、M&Aを通して大きくし、「横」のビジネスを広げていきます。「縦」と「横」を広げ、お互いを交差させ、より大きな「マス」をつくっていくことで新しいお客様の獲得につなげていきます。そのお客様を自動車に呼び込んだり、他の事業に呼び込んだり、いろいろな事業体ごとで獲得したお客様を別の事業の方にも送客する「相互送客」の仕組みをつくっていきたいですね。
IR部の部長として、ジーライオングループを全国規模の企業グループに、全国で知名度のある企業グループへとすることが私のミッション。もちろん、ただ名前だけを知られればいいのではなく、財務基盤やビジネス基盤、そうした土台をしっかりつくった上での知名度を上げていきたい。「ジーライオングループ?あー、あそこね」と思われるような企業グループに育て、世界の名だたる一流企業ともアライアンスや協業していきたいと思っています。

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!

企業情報
企業名

株式会社ジーライオン

業種 総合商社, 自動車・輸送機器
事業内容 ■輸入車ディーラー事業
・プレミアム輸入車事業・BMW/MINI事業・プジョー/シトロエン事業・USブランド事業
■国産車ディーラー事業
・スズキ事業・日産自動車事業・三菱自動車事業
■バリューチェーン事業
・中古車卸売事業・アフターパーツ事業・リテール事業・自動二輪車事業
■自動車流通ソリューション事業
・レンタカー事業・タクシー事業・コンシューマーソリューション事業・自動車流通事業
■海外事業
・東アジア事業・東南アジア事業・アフリカ事業
■迎賓事業
・レストラン事業・ジーライオンミュージアム・ウェディング事業
Webページ 企業ホームページ
採用ホームページ
設立(年・月) 1986年3月
代表者名 田畑 利彦
資本金 5,000万円
上場データ 未上場
売上高 1,719億円(2019年3月)
従業員数 3,526名(2019年4月)
従業員平均年齢
本社所在地 兵庫県神戸市中央区江戸町1046F
勤務地
(都道府県)
東京都, 京都府, 大阪府, 兵庫県, 海外

会員登録すると企業からさまざまなオファーが届きます

  • STEP.1

    まず登録!

  • STEP.2

    あなたのプロフィールを
    充実させよう!

  • STEP.3

    企業から
    オファーが届きます!