• Profile
  • 氏名:安藤 圭亮

    職種:インフラ系エンジニア

    入社:2014年4月

    部署:PS事業部

  • 大学では経営学部でマーケティングを学ぶ。卒業後、先端技術に携わることができる点に魅力を感じて株式会社アジアンリンクに入社。現在はPS事業部に所属し、インフラ系エンジニアとして官公庁や大手企業のネットワークに関するコンサルティングに携わっている。

What I do -こんな仕事をしています- ネットワークシステムの提案など、官公庁や大手企業を中心としたコンサルティング業務を担当しています。

現在私はPS事業部に所属し、インフラ系エンジニアとしてネットワークシステムのコンサルティングに携わっています。担当しているのは二つのプロジェクトです。一つは官公庁のお客様へのコンサルティング。ネットワークシステムに関するご要望や課題を伺って、最適なネットワークシステムの構築を提案しています。IT業界では上流工程と言われる仕事で、現状のシステム調査やお客様に伺った課題をもとに、その解決に必要な機能や、その性能を明確にしていく要件定義を中心に任されています。

もう一つは、大手メーカーへのシステムセキュリティに関するコンサルティングです。こちらはマイナンバーや2020年の東京オリンピック等の影響もあり、日本でも今非常に注目されている最先端の分野で、コンピュータシステムや大切なデータをどうすれば不正アクセスや災害から守れるかという観点から、ネットワークシステムの提案を行っています。
その他にも、とある中小企業のオフィス移転に伴い、ネットワーク環境やセキュリティ強化などITに関するインフラ環境の設計から導入まで担当させていただきました。特に中小企業はまだまだIT化が進んでいないところもありますので一つでも多くの企業に貢献していきたいと思っています。

また、2016年3月からは部下の育成も任されるようになりました。これまでは自分の仕事だけをやっていれば良かったのですが、今は部下のことも考えて仕事を進めていかなければいけません。大変ですが、今後は自分が培ってきたことを伝えながら、一人前のエンジニアへの成長をサポートしていきたいと考えています。

インフラ系エンジニアとして活躍しています。

My work -先輩たちの働く姿- 嬉しいのは、自分たちが提案したシステムがお客様の業務に貢献していることを実感した時。

この仕事をやっていて嬉しいのは、自分たちが提案したネットワークやシステムが利用され、お客様の業務効率化やコストダウンに貢献していると感じた時です。業務領域で言えば民間企業から官公庁まで幅広く、全てのお客様に対しコンサルティング業務が行えます。
民間企業案件では例えば、大手メーカーのお客様から「当社にはセキュリティに詳しい社員が少ないので教えてほしい」というご要望をいただいた時のこと。資料を作り、30~40名の社員の皆様に対し、コンピュータセキュリティに関する勉強会を行いました。情報保護に欠かせない「暗号化技術」や、コンピュータに残る記録を収集・分析して法的な証拠性を明らかにする「デジタルフォレンジック」と言われる技術など、テーマも自分で考えました。後日、その資料が非常にわかりやすいのでIT部門の教育用として使いたいと言われた時は、私の技術力がお客様のお役に立っていることを実感し、喜びがこみ上げてきました。日々進歩を遂げる業界なので、勉強し、知識をつけていくのは大変ですが、結果として良い提案に繋がる事もあります。私は最先端テクノロジーに興味がある人間なので、好きな分野を広げ、仕事に活かせる現状にやりがいを感じています。
官公庁案件では例えばテレビである社会問題の解決に向けて官公庁が対応に当たっているというニュースを見ることがあります。報道されることはありませんが、その裏で私たちが提案したネットワークやシステムが役立っているのだと考えると、やりがいを感じます。

最新技術に携わるやりがいもあります。

People and culture -働きやすい職場- 部活動やイベントなどコミュニケーションを深める機会が豊富。社員同士の距離が近い会社です。

私は本社内で仕事をしていますが、当社にはお客様先に常駐してネットワーク構築やシステム開発に携わっているエンジニアもいます。そのため普段仕事で顔を合わせることができない人もいます。ですが部活動や社内イベントといった社員同士がコミュニケーションを深める機会がたくさんあるので、年齢や部門の壁を超えた交流が活発です。

また、いくつかの部活動があり、私はパソコン部に所属しています。コンピュータ機器やテクノロジーが好きな社員約15名が所属していまして、月1回のペースで集まってIT技術に関する様々なテーマにチャレンジしています。最近では機器を好きに分解して、より深く構造をみてみたり、サイバー攻撃に対してどのような防御体制をとればいいかを考え、実際に攻撃側と防御側に分かれてテスト等をしています。今後はロボット、ドローン、ゲームやアニメーション等、自分達の趣味に近いテーマにも挑戦したいとみんなで話しています。好きなことであれば、よりモチベーションが高い状態で取り組んでいけますし、活動が発展して、将来的に一つの事業として成立なんてことになれば、非常に面白いと思っています。

部活動や、社内イベント等で様々な人と親睦を深める機会が多いのに加え、
まだ若い会社ということもあって、当社は社員同士の距離がとても近いと感じていま
す。社内は風通しが良く、困ったことがあれば上司や先輩に遠慮なく相談できる環境です。そして何か悩んだときに頼りになるのが同期の仲間。当社では入社後にグループ会社の教育専門機関アジアンアカデミーで3ヶ月間にわたって新人研修を受けます。一緒に学んだ同期の絆は強く、今でも月に一度は集まって近況報告などをしています。

社会人として成長できる環境です。

Growth and development -成長を実感したい- 自分で考える力と責任感が身について、社会人として成長したと感じています。

経験も知識もゼロの状態から入社して3年が経ちました。成長したと言えるのは、自分で考える力が身についたことです。上司や先輩から言われたことをただやるのではなく、どうすればお客様にもっと良い提案ができるのだろうと、一歩踏み込んで考えるようになったと思います。そしてもう一つ、責任感を持って仕事に取り組むようになりました。何も責任がなかった学生時代と違い、今は仕事を任されているので、自分がやらないとお客様にご迷惑をかけてしまいます。そう考えると、お客様が求めていることをしっかりと汲み取って提案していきたいという意識が出てきたと感じています。

またエンジニアとしては、ネットワークやコンピュータに関する基本的な知識やスキルが身につきました。最近では先ほどお話ししたコンピュータセキュリティに関して、その歴史なども含めてかなり詳しくなったと思います。入社当初はお客様とお話しする時も最初は緊張してガチガチだったのですが、上司や先輩と一緒に訪問を重ねて場数を踏んだおかげで、今では自然体で臨めるようになりましたね。今後はコンサルティング業務に加え、部下の育成やより快適に働くことができる会社の環境作りなどにも力を入れて取り組んでいきたいと考えています。そして2年以内にはプロジェクトをまとめて引っ張っていくプロジェクトリーダーとなって活躍するのが目標です。

ほかの社員インタビューを見る